あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~C言語編~
01 これからのC言語を考えよう
02 これからのCに求められるのはNMPだけど
最終話 古すぎてカビ生えた言語だからやる価値なし!

この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第02話 これからのCに求められるのはNMPだけど
2019年1月8日 製造
第01話で紹介した「Irrlicht 3D Engine」は、
完全にC++な記述でないと動かないことがわかりましたので、
今回は見送ることにして・・・いちおう、マニュアルとかはオンラインで出回っています。英語だけど。
Irrlight 3D Engineのドキュメント(英語)
http://irrlicht.sourceforge.net/docu/classirr_1_1core_1_1aabbox3d.html
Windows専用の「DXライブラリ」は、けっこう使いやすいのですが、
ほかのOSを使っている人に文句言われそうなので。
それでもテレビゲームに興味あるならDXライブラリで、
妙なプロジェクトが進行しているようなので、興味あったら見てください。
https://dxlib.xsrv.jp/index.html
MACならBootCampで、Linux、Soralis、Windowsは専用機として使ったほうがいいかもしれません。

今どきC言語をやるやつは化石らしい
そうです。今からプログラムを勉強する人にC言語を勧めるのは学校の先生ぐらいで、
現実を見てきた先輩プログラマーの皆さんは、
「今からならHTMLとPHPとJavaScriptかな~(現実はJavaScriptのほうがC++以上に、最強と言えるほど難しい)」
「アプリ作りたいんだったらHSP3でもVisualBasicでもC#でも何でもいいだろうに」
「いいからJavaやって苦しんでな!」
「UnityかUnrealEngineの2択になるっぽい? ゲーセンの筐体作って儲けようぜ!」
・・・好き勝手言ってきます。
処理速度の速さだけが取り柄のC言語とC++、対抗馬のDelphiは、いつの間にか廃れてしまいました(でもまだある)。
Delphiも、速さだけが取り柄です。
さらにやっかいな問題は、今時のコンピュータープログラムで、コンソールアプリで満足できるわけないだろうと。
実は、C言語及びC++言語は、各OSで独自進化して、
細かく見ると世界共通の言語ではなくなってしまったのです。
さらにコンパイラもリンカも、独自のものを使っている場合もちらほらと。

C言語に求められるものはNMP
先輩プログラマーが勧める言語は、一部の例外を除いて、MPかNMPです。
今、C言語に求められているものは、
N:Nantyatte(なんちゃって)
M:Multi(多数の)
P:Platform(よりどころ)
JavaはMP、Web言語のHTMLやPHPもMP、
重武装したUnityやUnrealEngineも、一応MP。
その一方でPython、RubyはNMP、
JavaScriptは対策しないままだとNMP(対策してMP化)、
HSP3、プロデブ、VisualBasic、C言語、C++、C#、F#などは、特殊なことでもしない限りマルチプラットフォームに近づけません。
DXライブラリを使ったやつなんか、DirectXが動かないから普通のやり方だとWINEでも動かない。
(WINE == Windowsアプリのエミュレーター。だいたいのものは動く予定。)。

この状況を危険視したのかどうかはさておいて、Linux陣営の人たちが、
マルチプラットフォームは無理でも、なんちゃってマルチプラットフォーム出来るものを開発しました。
あえて「なんちゃって」と書いたのは、それぞれのパソコンでコンパイルしないと、
それ用の実行ファイルを作れないからです。

せっかくなのでGTK+を導入する
Linux陣営の人たちが作ったのが、GTK+というライブラリです。
Linux陣営の方たちは、とても気前がいいので、せっかくですので、そのおこぼれに与かりましょう。
このGTK+は、Linux、Soralis(現オラクル、旧サンマイクロシステムのOS)、Windows、MAC OSXで使えます。
とりあえずはパソコン専用です。要望があれば、テレビゲームやスマホにも移植・・・しないと思います。
使えるのはいいんだけど、設定が死ぬほど大変なので、どうしたらいいのか、1週間ほど悩みましたが、
NetBeans公式サイトに普通に日本語訳がありました。
https://netbeans.org/community/releases/73/cpp-setup-instructions_ja.html
しかし、整理しないと読みにくい。元が英語だから、そういうものなのかもしれません。

私はWindows使いだからWindowsで設定してみる
身勝手な選択ですが、使える実機がそれしかないから、仕方ない。
NetBeansにこだわったのは、JavaSEさえあれば、全機種で使えるからです。
とりあえずやってみましょう。

1 MinGWをダウンロードする
普通にぐぐれば出てきます。現時点では、MinGW32版でも何も支障はありません。
マニュアルに書いてあるリンクでは、MinGW32が落ちます。
サイト
https://sourceforge.net/projects/mingw/
2 C:\ドライブ直下にMinGWフォルダを作って(ひねくれ者以外はしなくていい)、そこにインストールする。
間違って複雑怪奇なひねくれ者をダウンロードした人以外は、
フォルダをわざわざ作らなくてもいいです。
矢印
予定どおりなので、このままの設定でContinueしてインストール。しばらく放置して大丈夫です。
MinGW.orgに行くと、MSYS2を使ったMinGWのダウンロードの仕方が英語で書かれていますが、
余計なことしなくていいです。しちゃダメとは言わないけど。
3 Continueしたあと、とりあえずすべてに矢印マークをつける
矢印
めんどうです。やる意味わかりません。もしかしたら余計な作業かもしれません。
でも意味がわからなくても、やってしまいましょう。アップデートに必要です。
脅し ファイルの中のUpdate Catalogをすると、脅しが入りますが、気にしないでやってしまいましょう。
必要ないっぽい? ・・・もしかしたら本当に余計な作業かもしれません。
とりあえず、1回やったら2回も3回もやらなくていいので。おとなしくCloseです。
4 環境設定を変更する(厳重注意)
意外と面倒かつ危険が伴う作業ですが、(時として壊れるとか)これができると自慢できますので、ぜひ覚えましょう。
コンピューターのプロパティさえ開ければ、環境変数というものを変更できるのですが、
Windows7や8.1は、コンピューター、Windows10は、エクスプローラーから開いてPCを右クリック。
プロパティ
そして、システムの詳細設定へ。
システムの詳細設定
ここから先は・・・図解したほうがいいやこりゃ。
コピペする場所
ここで「編集」を選んで、
コピペする
「新規」を選んで、次の文を2行、コピペします。
%SystemRoot%\system32;%SystemRoot%;%SystemRoot%\System32\Wbem;
%SYSTEMROOT%\System32\WindowsPowerShell\v1.0;C:\MinGW\bin;C:\MinGW\MSYS\1.0\bin
いちおう「MinGW」をインストールすることを前提にやっています。じゃないと、計画が狂っちゃう。
「ツール」「オプション」で何のプログラムを使うのかを確認できます。MinGWがきっちり使えます。
確認
また確認
5 あとは首実験する何かが必要なんだが
ちくしょう
どこで設定を間違えたのか、ファイルがおかしいのか、それとも説明が最初からいかれているのか、
これを解決しないと、C/C++の価値がだだ下がりなのですが。
打ち込みを間違えたということはありません。ウィキペディアのソースぱくってコンパイルしてみました。
全然機能してねー!

MACで設定する機会もあったので、やってみました。
XCODE
「XCODE」というMAC用開発システムを入れておけば、もれなくGTK+もついてくるので、
プロジェクト作る
適当にC/C++のプロジェクトを作って、
ソース打ち込む
首実検のためのソースを打ち込んで、やってみました。
FATALITY
「FATAL ERROR(絶望的にエラー)」と出ました。
見たことも聞いたことも食ったこともないコードがいきなり出ています。
翻訳すると、こんなかんじです。

GTK+の資料そのものがガセネタ?
何度やっても失敗するので、GTK+は失敗するもののようです。
ガセネタ掴まされた可能性は否定できませんが、今回は失敗ということで。
GTK+が悪いのか、設定する人が甘いのか、そもそもGTK+そのものが頭おかしく作られているのか。



C言語編
01 これからのC言語を考えよう
02 これからのCに求められるのはNMPだけど
最終話 古すぎてカビ生えた言語だからやる価値なし!


広告(買ってね)
ピルカッター(錠剤を安全に切るための道具)