あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~C#編~
01 C++を使うには人生は短すぎる
02 とりあえず何か作ってみよう

この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第01話 C++を使うには人生は短すぎる
2019年11月30日 製造
この言葉の出典を探していますが、どうにも公式文書ではなさそうです。

本当はUnityにつられるもなんだかC#っぽくない
「UnityではじめるC#」という本を買って、C#をやってみました。
なんとなくちょっと前に、むりやりぐぐって調べてC#で作ったアプリ(まだ非公開)と感触が違う。

どうにもUnityで使うC#はC#ではなさそう。

正確にはUnity用にアレンジされたC#。
本格的にC#をやってみようと思って、いろいろぐぐってC#の入門サイトを調べていましたが、
出てくるC#のお題は、全部コマンドプロンプトでしか動かないものばっかり。
私はコマンドプロンプトでしか動かないC#をやりたいわけじゃない!

C#の資料はネットにはほぼない
というわけで、ネットの知識だけで独学でC#をやるには、コンソールが限界のようで。
コンソールだけ覚えても、実際に使える言語にはならないと思うのです今どきは。
かといって、コンソールがまったく使えないわけではないのですけども。
VisualBasicのしっかりした解説はあるくせに。
というよりも、ネット上ではポトペタを使ったものはVisualBasicでやればいいって、
意図的にわけているみたいです。
むしろVisualBasicのコンソールに触れている資料のほうがみつからないくらい。

むしろネットは逆引き辞典な使い方がいいくらい
というわけで、本とネットでは、役割が違うみたいです。
本で習って、何をやらせたいかわかっているときにネットでやり方を調べる。
VisualBasicではどうなんだか。

C#の準備 == VisualBasicの準備
というわけで、私が大好きなMicrosoft VisualStudio Express 2008は、ここにあります。
Microsoft VisualStudio Express 2008 SP1日本語版(公式)
https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=13276
最新版より古いけど、動作が軽くていいのです。
現時点での最新版は、Microsoft VisualStudio Community 2019です。
おそらく将来的には、別のバージョンが開発され、2019じゃなくなるでしょう。
そしてWindows7に対応しないものになっているかもしれません。
Microsoft VisualStudio Community最新版(公式)
https://visualstudio.microsoft.com/ja/vs/community/
オンラインインストールのやり方も、オフラインインストールのやり方も、
ここでは詳しくやりませんけど、
2019ではブルーレイROM1枚焼ける容量、約20GBをオフライン用にダウンロードする必要があります。
頻繁にWindows壊しちゃう人は、1枚作っておいたほうがいいかもしれません。
またはブルーレイより読み込みが早いHDDやSSD、USBフラッッシュメモリなどに記録するとか。
『Visual Studio 2019』をオフラインでインストールする方法
https://qiita.com/takamon9/items/b3effb7701bb304c0a68
もし可能なら、USBフラッシュメモリとか、HDDやSSDにオフライン一式を記録して、
それからインストールするようにしたほうが、ブルーレイよりは早いです。
ただ目の前に金の板1枚ブルーレイがあったほうが、気分的には使いやすいのも事実で。
めんどうなのは、インストールに時間がかかること
うちのマシンではたしか2019をインストールするのに、6時間以上かかった気がします。
ここはブルーレイで記録したものでも、Cドライブ直下にでもインストーラー一式をおいてから、
インストールしたほうが少しは時間短縮できることでしょう。
(実際そうしないと肝焼ける)。

VisualStudio for MACにはVisualBasicどころかいろんなものがない

基本的には、C#やF#のスクリプト編集と、HTML関連、JavaScript関連がターゲットのようですが、
ポトペタがないので使い方がわかりませんでした。
ついに私には使い方がわからなかったよ。
VisualStudio Communityでもなく、VisualStudio Expressでもない、
VisualStudio Codeに見えてきた(厳密にはそれとも違うけど)。
MACの開発はXCODEでSwiftやObjective-C使えってことなんでしょうね。
C#使いたいならUnity使って、それのスクリプトエディタ役がVisualStudio for MACが適任ってことぐらい。
その程度の扱いに見えてきました。
Javaでもいいけど、Javaはオラクルが有料版を配布するのは有料って、ライセンス変更しちゃったし、
バージョンアップに伴い、猫の目のように変わる仕様についていけるかどうか。
最近のJavaは、ぶっちゃけJava8以外、ゴミに見えてきた。

方法との相性
私の場合は、基礎からぽちぽちとつまんなくやるのは向いていないようです。
これをC言語でやったら1年かかった。しかも作りたいもの作れなかった。
それに、C言語でやった条件分岐や繰り返し処理、配列なんか、
完全にC言語とC#は一緒だったもんだから、このへん省略してやりませんでした。
目的のものの設計図を作ってから、必要なものをぐぐったりして参考にして、
作りながら方法を覚えていくほうが向いていると確信しました。


C#で悩んでいたとき「ゴールからはじめるC#」「作って覚えるVisualC#」という本に、
巡り会ってしまいました。
あまりにもわかりやすく作り方が書かれていたので、感動してしまいました。
目標から逆算して、
どの技術が必要なのかを考えて調べるという方法の効率のいいこと。

オブジェクト指向は、最後までわかる気がしません。
だって人によりプログラム言語により解釈がまったく変わってくるし、悟りも人により全然違うから、
こんなの愛や正義や人生と同じように、
100人に聞けば約1万通りの答えが返ってくるようなわけわかんなさなんですもの。

理解できなくて当然なので、classの使い方とメソッド(関数・プロシージャ・サブルーチン)の使い方、
あとはそれに付随する継承なり抽象クラスなりインターフェイスの使い方を覚えるしかなさそうです。
言語ごとに違う哲学につきあうってのが気にくわないけど。
科学じゃなくて哲学です。人により全然答えが違ってくる諸悪の根源。
オブジェクト指向って何なんだろうってつまずいてるくらいなら、使い方を覚えた方がいいようです。
どうせ誰もオブジェクト指向なんてわかっちゃいないんですから大丈夫。
オブジェクト指向を理解するには人生は短すぎる。
classの使い方だけ覚えてしまえばいいような気がします。思想に用はない!
オブジェクト指向は変更に強いといっても、変更に強くなる方法を覚えればいいだけ。
本当にオブジェクト指向抜きで、オブジェクト指向が理想とするクラスの使い方だけ知ればいいと思うのですが。
今、調べています。





~C#編~
01 C++を使うには人生は短すぎる
02 とりあえず何か作ってみよう


広告(買ってね)
毎日定期的に飲むことによって避妊できる避妊薬。
なぜか脱毛予防、にきびにも効果あります。
当然女性専用。

MTFは女性だけど使いません。強力な女性ホルモンなので飲み過ぎと血栓に注意!
FTMは子宮がまだある場合は使うかもしれません。