あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~C#編~
01 C++を使うには人生は短すぎる
02 とりあえず何か作ってみよう

この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第02話 とりあえず何か作ってみよう
2019年11月1日 製造
オブジェクト指向がわからなすぎて、人生思わずやめようとしてしまったけど、
そんなものなくてもプログラムできますし、
オブジェクト指向の反対派は私だけじゃないってこともわかってるし。
オブジェクト指向なんてポイ。
厳密にはいろんなものがオブジェクトらしいけど、そんなの気にしない気にしない。

VisualStudioの入手先
2008 ServicePack1
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=13276
2015 update3(isoで配布されているけど、更新プログラムがインターネットを使う)。
https://mocotiti.hatenadiary.org/entry/20170504/1493868466
2017
https://www.techspot.com/downloads/6278-visual-studio.html
2015から、Community(無料)、Professional(有料)、Enterprise(有料)と、いろんなものが出てきました。
Microsoftのアカウントを手に入れてください。じゃないと2015と2017は使うことができません。

「単位変換する機」を作ってみよう
作る理由:簡単そうだから。
私は、WordやOpenOffice.orgを使っていて、
mm(しかも不正確)とpt(ポイント)がまぜこぜに使われているのが、
ものすごく気になる人なのです。
印刷物を作るとき、最初のこの文書レイアウトを整える部分、
ここで100%仕上がりが決まってしまいます。

ここで、mmの100分の1単位まで調べて、計算する必要があるのでした。
・・・そこまで考えて文書のレイアウト決めてるやつなんかいないって? やっぱり。

必要な部品と、それに求められる処理を決めていく。
まず、Windowsフォームアプリケーションを選んで、適当な名前を入れて、

ポトペタの準備をします。
VisualStudioのバージョンによって、画面の見た目は違うけど、大差ない・・・といいな。
ツールボックスを固定させるには、画鋲マークをクリックするといいよ。

レイアウトは、こんなもんでいいや。

label各種の表示は、右クリックしてプロパティを選んでから、
(2回目からは省略できる。1回目はどうしても必要な作業)。

画面右下のプロパティをいじります。

はっきりいって、最初のうちは「ツールボックス」も「プロパティ」も、
何を選んでいいかわからないものばっかり。
プログラムを覚える以上に、こっちのほうで困ることになりそうです。
全部アッチャラ語だし。

ここからぐぐる。
部品をダブルクリックすると、自動生成でスクリプト(コード)が出来て、その画面になります。
ダブルクリックで出てくるスクリプトは、
だいたい真っ先に予想できる行動、たとえばbuttonなら「クリックされたとき」、
textBoxなら「中身が書き換えられたとき」、
formなら「プログラムが起動したとき最初っから」。
こんなかんじで、中の{ }の中にいろんなスクリプトを書き込みます。
間違いは赤い波線で表示されますのであまり心配ないけど、
C#は大文字小文字を区別するバカ言語なので、ここを気にしなくてはいけません。
打ち間違えてはいけません。
で、ここでぐぐる前に、何が必要なのかを考える必要があります。
たとえば、

・textBoxで入力されるものは、文字列型。文字列を数値型や小数点型に変えるには?
・また、数だけ打ち込めばいいけど、入力するやつはひねくれ者で、数以外のものを打ち込むぞ。
・数をこのまま文字列として表示できないってことも考えられる。

この結果、調べる必要があるのは、
・文字列を数に変える方法
・例外処理
・数を文字列に変える方法


ぐぐると、こんなんでてきます。ぐぐるポータルサイト(検索ページ)は、
何でもいいです。GoogleでもMSNでもBingでもYahoo!でもBiglobeでも。
あとは、それを参考にして打ち込むと。

いちおうわかったことは、
・いっぱい型があるけど、intとfloatとstring以外、使う機会がない(作ればあるけど)。
・型.Parseで、文字列(打ち込んだものは数字でも文字列)をその型に合わせた数に変換できる。
・例外処理には、tryとcatchを使う。tryに危険な香りのする処理を書いて、catchには危険なことが起きた場合に何をするかを書く。
・数を文字列に変えないと.Textに落とせないので、Convert.ToString( )で変換する。

とりあえずお目当てのミリメートルとポイントの変換ですが、
1ポイント≒0.35278mm(25.4mm÷72=0.35277...)ですので、
mmをポイントに変えるときは0.35278を割り、ポイントをmmに変えるときは0.35278をかけます。
で、できあがったソース全体がこれで、

動作は良好です。

たいてい、1発で仕上がることはなくて、細かい作り直しはつきものです。
最初はint.Parseで整数にしてたけど、
途中から小数点の存在に気づいて、float.Parseに書き換えました。

タブキー選択の順序について
ふだんだったら、パーツを置いた順にタブキーの選択順序になってしまうけど、
これを変える方法があるのでした。

表示→タブオーダー

元に戻すのも、表示→タブオーダー
これの数字の順番を変えていくのです。これでタブで選択する順序を変えることが出来ます。
いちいちパーツを消したりしなくてもいいのです。

見た目は本当にどうでもいいかんじになりましたが、とりあえず動きました。

完成品はこちら
どうぞ。 mm-pt.zipダウンロード





~C#編~
01 C++を使うには人生は短すぎる
02 とりあえず何か作ってみよう


広告(買ってね)
むだ毛抑制。除毛とか脱毛とかしません。育毛を抑制するもの。