あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)
Windowsでフォルダオプションエクスプローラーのオプション
2018年8月29日 製造


10に限らず、すべてのWindowsで、プログラムを組むときとか、ウィルス対策やらファイルの整理やらで、
とにかく究極に困らせてくれるのが、拡張子が見えない問題です。
とりあえず、Windows7も8も終わコンにされるのが時間の問題なので(まだまだ使えるのに!)、
Windows10に限っての説明をさせていただきます。

なお、この設定変更は「管理者権限」を持ったユーザーが行ってください(必須条件)。

Windowsの究極の特徴は「拡張子だけで何のプログラムを動かすかを決めている」ということ。
で、拡張子というのは、よく「mp3プレイヤー」とか「gifアニメ」とか言われているもの、これ全部拡張子です。

というわけで、拡張子を見える化してみよう!

拡張子が見えないと、普通にウィルスとかに引っかかる可能性が高いので、普通に見えておきましょう。
まず、Windows10独特の「田」マーク(スタートボタン)をクリックして、コントロールパネルを開きましょう。

・・・普通に見つかりません。こんなところに隠れているから。Windowsシステムツール。
コントロールパネル

あんまり見つからないので、Cortanaさんに探してもらった人も正解。
コントロールパネル

目的のブツ「フォルダオプション」は、10から「エクスプローラーのオプション」になりました。
このままでは探しにくいので、

探しやすいように、「大きいアイコン」か「小さいアイコン」に変更してしまいましょう。

Cortanaさんは、フォルダオプションでもエクスプローラーのオプションでも、ちゃんと探してくれます。えらい!

で、「全般」は、操作性の問題なので、好みに応じて合わせるとして、
問題になるのが「表示」です。
ここで必ず変更しておかなければいけない設定が3つあります。


鉄の掟

1.「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選ぶ(重要)


2.「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す(最重要)


3.「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックを外す(最重要)

とりあえず、こんな脅しが入りますが、


脅しに屈することなく「適用」しちゃいましょう。


今まで見えなかったファイルは、半透明の透けたアイコンとして表示され、
すべてのファイルに、.jpgとか.exeとか.mp4とか、そういうものがくっついて表示されるようになります。
保護された・・・については、Cドライブ直下に何かをインストールしたり、
普段だったらアクセスできないProgram FilesフォルダやWindowsフォルダなどに、
重要なファイルを置いたりするときに必要になる設定です。
いざというときにしか使わないけど、その、いざというとき、思っている以上にあります。
フォントをインストールするときとか。

とりあえず、この設定をやっておかないと、どのプログラムも組めない致命的な状態になってしまいますので、
プログラムして、人に自慢したりお金儲けしたりしたい方は、ぜひやってください。

なお、このファイルの名前は「do_or_die.php」、やるか死ぬか。
案外間違ってないのが現実です。

おまけ
トロイ(ウィルス)ふんじゃった人が陥る、全画面が卑猥な画面だらけの架空請求されるやつの例(想像で作ってみた)。

ときとして「24時間以内に100ビットコイン支払われなければ、あなたのパソコンの記録が抹消されます」なウィルスを、
ただのコケ脅しだと思って無視したら記録全部消えてしまったり、
たとえ架空請求であっても、裁判所から裁判所命令が来て、その裁判に出なかったがために、実際に金を払わなければならなくなったり、
いろんなことが起きますので、情報は常に最新のものを確保していきましょう。

あと、制御不能に陥ったら、Ctrl + Alt + Delete 3つキー同時押しします。
「タスクマネージャー」を使ってプログラムを強制終了させたりします。
さらに、ものすごい荒業として「電源4秒押し」で電源を切る方法もありますが、
SSD(パソコンの部品、記録するパーツ)やHDD(これも記録するやつ)を痛めるのでやめろとも言われています。
それでも私はたまにやります。



広告(買ってね)
MTFを目指す方へ、女性ホルモン。

男性ホルモン抑制剤

両方が入った混合タイプ(もともとの使い道は避妊用ピル。強力。)

女性ホルモンの副作用にありがちな血栓対策として、クリルオイル。