あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~作曲・VST編~
01 作曲はプログラムだ・・・たぶん
02 わけもわからずVSTに手を出して失敗する(飛ばしていい)
03 自分の作った曲を録音しよう
04 VSTについて調べた(Dominoとテキスト音楽サクラはこれで動かせることを確認した)

この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第04話 自分なりにVSTについて調べてみた
(Dominoとテキスト音楽サクラはこれで動かせることを確認した)

2019年4月2日 製造
こればっかりは、矢部ソーダ支障から教わることはありませんでした。
死傷も知らなかったみたいだし。
刺傷から教わらなかった作曲法については、自分で独自に別の誰かから盗んででも強引に習得しないとモノにはできません。
何でも教えてくれる人がいるわけでなし。

私は、VSTに関してはMACやLinuxの人にまで対応できないと思います。
とりあえず私が言えることは、設定がわからなければ高度な機材を買っても意味がないということで、
おそらく基礎的知識が伴わないと、CubuseとかSONARとか、
そういう高い買い物をしても無駄だろうと見ています。
金で解決できる問題じゃないことは確かです。音源は金払ったほうがいいものもありますが。
プログラムの統合開発環境も次々と無料化しているんだし、お前らもありがたく無料化したものを使えと。
・・・ただでくれるんだから、ここは素直にお恵みしましょう。
ここではDomino、テキスト音楽サクラ、MuseScoreで動かすこと前提でやります。
フリーのmidiシーケンサでVSTをやるという需要に、売り物は応えられないので。

VST導入のその前に
材料を用意しなければいけません。

材料
・ASIO4ALL(音をタイミングよく、時間どおりに鳴らすために必要になるもの)。
・MidiYoke(仮想MIDIケーブル。仮想MIDIケーブルでさえあれば何でもいいけど、これが一番使いやすい)。
・MIDIせれくたー(Windows Vista以降はMIDIマッパーを選択するためのものがないので、これを使って選ぶ)。
・dvsthostx86.zip(MidiYokeにあわせたら32bit用が必要になる。とにかくこれがVSTの中核になるソフト)。
・何かVSTiやVSTe(VSTインストゥルメント、VSTエフェクト。音源やエフェクターになるもの)。

材料調達先
入手方法を教えないのも不親切なので(「ぐぐれ」と書くのは簡単だが)。
ASIO4ALL(日本語版とかありません。特別な設定もあるけど、あまり考えなくていいです)。
http://www.asio4all.org/
MidiYoke(もしインストールで不具合があった場合は、プロパティから互換モードでプログラム実行してください)。
どれを落とせばいいのか迷うけど、Windows XP用を選んでください。
http://www.midiox.com/index.htm?http://www.midiox.com/myoke.htm
MIDIせれくたー(日本語版しかありません)。
https://openmidiproject.osdn.jp/
MIDIせれくたーがなくてもVSTは生きていけました。
dvsthostx86.zip(設定だけで1冊の本がかけるし、付属のマニュアルが約90ページとボリュームたっぷり)。
http://www.hermannseib.com/english/vsthost.htm
Synthe1(VSTi。ジオシティーズがサービス終了するためWayBackMachineからダウンロードする)。
https://web.archive.org/web/20180106073015/http://www.geocities.jp/daichi1969/softsynth/
Yamaha S-YXG50 Portable VSTi(これもVSTi。ヤマハのシンセはけっこう世界一)。
http://veg.by/en/projects/syxg50/
A1 Stereo Control(VSTe。ステレオ感を増やしたり減らしたりするらしい)。
http://www.alexhilton.net/A1AUDIO/index.php/downloads
とりあえず、全部落として、全部インストールするなり解凍(展開)するなりしてください。
いちおうDomino、テキスト音楽サクラ、MuseScoreで動かすことを目標にやっています。
VSTとの連携の資料について、一番多い組み合わせはDominoとなんですが。むしろほかは探してもあまり出ません。
VSTiを探すときは「VSTi」でぐぐれば素直に出るけど、VSTeは「VSTエフェクト」でぐぐって探すといいようです。

下ごしらえ
1.ASIO4ALLをインストールします。
英語で物事が進んでいきますが、条件反射で「I Agree」「Yes」を選んでおけばいいかと。
2.MidiYokeをインストールします。
英語で物事が運んでいきます。
めったにないけど、インストール途中で不具合が出て、インストールできなくなるときがあります。
その場合は「プロパティ」→「タブ 互換性」→「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェック、
そのあと「適用」ボタンを押して、OKで終了。またトライしてみてください。
3.残りの材料を全部解凍(展開)します。
っと、皆さん、Lhaplusでも+LhacaでもLhasaでも解凍レンジでもいいけど、
何かしらの圧縮ファイル展開ソフトはお持ちですよね?
WinRARをお使いの場合は、しっかりフォルダ単位で展開してください。

恐る恐る設定してみる
とりあえず、dvsthostx86の、vsthost.exeを起動させてみましょう。

「.exe」と表示されていない人は、
コントロールパネルのフォルダーオプション(エクスプローラーのオプション)で、
「登録されている拡張子は表示しない」にチェック入っている人。

基本的に、ここのチェックは、外さないと死ぬものと思ってください。
あと、このソフトは「.dll」という形式の隠しファイルにも用があるので、
「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェック。


起動画面は、あら謎い。
さて、ここからどうしたらいいものか。

Devices→Wave

とりあえず、最初の下ごしらえで「ASIO4ALL」を入れたので、
Output Portには、それを選びましょう。

あとBufferは、小さい数なら、早く鳴らす代わりにテキトー、大きい数なら遅く鳴らす代わりにきれいに、
という関係があるので、2048でいいでしょう。(この判断は相当テキトーですので自分の機材にあわせましょう)。

Devices→Midi

ここで、先にインストールしたMidiYokeの出番です。
とりあえず、Midi Input Devicesでは、繋ぐ予定のMIDIを繋ぎまくりましょう。

どこかで「一番下だけ残して選択」と書かれていたようですが、全部選んでOKです。

File→New PlugIn...

いいかんじにファイルを選んで、VSTiを読み込ませます。


でも、この方法より、ドラッグ&ドロップのほうが早い。


VSTエフェクトもドラッグ&ドロップで入れることができます。


VSTエフェクトは、VSTiとOutの間に挟んで繋ぐものですので、
青いものどうしでクリックして、線を引いて、繋いでいきます。
VSTエフェクトを読み込ませると、予想もしないところと繋がってしまうので、

右クリックして、Unchainを選んで、繋がりを断ち切ります。


いいかんじに繋いでいきます。

とりあえず音を鳴らしてみる
VSTiに、ごちゃごちゃしているものがあるのですが、
左側の丸いやつをクリックします。


設定は、All Loaded MIDI Input Devicesでやっていきます。

キーボードを呼び出して、鳴らしてみましょう。

鳴りますが、音が2つ混ざっています。
2つ呼び出しているんだから、しようがありません。
ここで本当のことを申し上げますが(今まで書いたことがウソというわけじゃないけど)、
Dominoやテキスト音楽サクラやMuseScoreなどの「MIDIシーケンサ」と呼ばれるソフトは、
1つのMIDIポートからしか音を鳴らせないようにできているので、
1つだけ設定したら、もうこれ以上VSTiを設定しても、
音が混ざって邪魔になるだけなのです(VSTエフェクトは別)。
というわけで、思い切って1つなくします。

「×」をクリックすると、消せます。

すっきりしすぎた。

何が何でもMIDIシーケンサで鳴らす方法
Dominoは、ここからもらってください。
Domino(MIDIシーケンサ)
http://takabosoft.com/domino
「MIDIシーケンサ」とは、「MIDIを使って作曲するためのもの」です。

テキスト音楽サクラは、本家からよりVectorや窓の杜のほうがわかりやすいので。
テキスト音楽サクラ(これもMIDIシーケンサ)
https://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se125250.html

MuseScoreは、楽譜が読めないと作曲できないものです。使っているうちに読めるようになるかもしれませんが。
MuseScore
https://musescore.org/ja
といいながら、なぜかうちではMuseScoreが動かない怪現象が起きているので、
・・・試しようがありません。なんてこった。


OpenGLを入れれば何とかなるらしいけど、これ、なかなか言うこと聞かないし。
MuseScoreは、あきらめます。
ターゲットは2つに絞られました。どう設定するか、今、にらめっこしています。

Dominoの場合
これは、あまり使ったことないから、よくわからないけど、
もう初期設定から、何も鳴らないんですね。

とりあえずdvsthostx86の「vsthost.exe」を起動させながら、
ファイル→環境設定

MIDI-INのところで、MIDI Yoke 1を選んで(本当はMIDI Yokeでさえあればどれでもいい)、

MIDI-OUTのところで、MIDI-INとかぶらない番号のMIDI Yokeの番号を選んでください。
番号は、かぶらなければ何でもいいです。
これで設定終了です。

テキスト音楽サクラの場合
VstHostを起動させても、このままだとMicrosoft GS Wavetable Synthの音なので、
設定(Z)→プレイヤーと外見の設定(R)

「プレイヤ」タブから「MIDIポートの割り当て」を見つけてクリック、

何かMIDI Yokeを選びます。

MIDI-INの監視は、やめてしまいましょう。
最初、ここをいじるものだとばかり思い込んでいたので、解決が遅れました。

これでテキスト音楽サクラも攻略しました。

MuseScoreの場合
起動させるところから宿題とさせていただきます。
といっても、OPEN GL2に対応しているグラフィックボードがうちのパソコンに搭載されているわけじゃないので、
宿題を見なかったことにしてしまいそうな悪寒。
ノートパソコンなんて、機能とバッテリーと部品の大きさの折衷案の塊だから、
自作デスクトップみたいに魔改造や最強のパソコンなんてできないよ。

VstHostの問題点
VstHost起動中は、ほかの音が鳴らなくなります。
だから、何かを鳴らしながら作曲することはできません(こんな人がいるのかどうかわからないけど)。
YouTubeも鳴りません。動画見ながら作曲する人がいるのかもよくわかりませんが。
まあ、うちの私傷はチャットしながら作曲していたみたいだし、
本人の話だから話半分に聞くとして、眠っていたら曲が完成していたことがあるとか、
寝言のようなことを仰っておりました。
ことの真偽は知りません。本当だったら、ちょっとすごいけど。

vsthost.exeを閉じたあとでもMicrosoft GS Wavetableぐらいは鳴らす方法
あとから気づいたことなんだけど、vsthost.exeを閉じたら、音が鳴らなくなります。
完全にVstHostに頼り切る設定なので、ほかの音源が鳴らないのは、ある意味当たり前です。
そういうわけで、Microsoft GSが鳴る設定にしなおさないと、音が鳴りません。
Dominoなら、MIDI-INを「(未設定)」に、MIDI-OUTを「Microsoft GS Wavetable Synth」にします。
テキスト音楽サクラなら、設定(Z)→プレイヤーと外見と設定(R)、
「プレイヤ」タブから「MIDIポートの割り当て」を見つけてクリックのあと、
「Microsoft GS Wavetable Synth」か、「-- 利用しない --」を選びます。
・・・もう写真使わなくてもいいよね。さっきの設定のおさらいだし。

なかなか大変なやつですVSTってやつは。
そういえば、ずっと「0:{In}」を使う機会がなかった。



作曲・VST編
01 作曲はプログラムだ・・・たぶん
02 わけもわからずVSTに手を出して失敗する(飛ばしていい)
03 自分の作った曲を録音しよう
04 VSTについて調べた(Dominoとテキスト音楽サクラはこれで動かせることを確認した)


広告(買ってね)
生えているとキレイなのに抜けると汚い髪の毛。男用と女用とあります。
ひだりが男用、みぎが女用

ハゲを気にするのは日本だけ! 堂々とハゲていいのですが、気になる方はどうぞ。

その一方で生えているとイヤなムダ毛もある現実。脱毛クリーム1式。バラ売りもしています。

パッチテストは必ずしてください。
顔やデリケートゾーンなどへの使用はしないでください。
痛みを感じたらすぐに水で洗ってください。