あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~DXライブラリ編~
01 DXライブラリとはゲームを作りやすくするC/C++ライブラリ
02 将来に備えてVisualStudio Community 2019をオフラインインストール
03 Windows用のものを作るならMicrosoft VisualStudio Express 2008が一番ラク
04 DXライブラリを使ってAndroid用の設定をすることは本当にできるのか?
(って出来てねえよ!)
05今度こそあんなことやこんなことしてでもAndroid設定に失敗した記録
この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第03話 Windows用のものを作るならMicrosoft VisualStudio Express 2008が一番ラク
2019年4月10日 製造
というわけで、今、Microsoft VisualStudio Community 2017をアンインストールしています。
Geek Uninstallerとかで削除するものじゃないし、いろいろ入ってきたMicrosoft製の謎のプログラムごと削除すると、
今まで正常に動いていたものが、突然の終了(たいていの原因はランタイムエラー)をすることが多くなるので、
正規なまともな方法でアンインストールしていますが、全部入れの2017の削除は、パソコンの性能にもよるけど、
うちでは6時間くらいかかっています。

で、2019をオフラインインストールはいいのですが、全部入れはオフラインでは予定外の出来事なので、
不足分はまたダウンロードするという不毛なことをしています。
全部入っているんじゃなかったのか。


あとついでに、インストールやアンインストールしながらだと、挙動が遅くなって、
作業が致命的に遅れるのですが。

年々設定が難しくなっていくVisualStudio
最近は、GNU-GCC用(MinGW用)系のDev-C++もいっぱいバージョンが増えて、
どれを適用させたらいいのかわからなくなる問題が発生しています。
DXライブラリの作者は「GNU-GCCを使う人は上級者」と勝手に決め込んでいるところがあるので、
一番使いやすいはずのDev-C++ Portable MinGW32の設定すら難しくなりました。
(GNU-GCC版は旧式をダウンロードすれば救われます。バージョンアップったって、そんなに変化していないし)。 あと、Microsoft VisualStudioそのものが、年々複雑化して、
何でもあり状態になった代わりに、わけがわからない代物になり、初心者どころか上級者殺しになってきています。
(その代わりAndroidアプリも開発できるようになったはずなのだが・・・設定がうまくいかない)。
考え方を改めましょう。

Windowsのソフト作るのに面倒なものは使わない!

まあ実際にゲームセンターの業務用ゲーム機の大半はWindowsが入っていますし。
MJ5(セガ)

タイムクライシス5(バンダイナムコゲームズ)

ユビート(コナミ・デジタルエンターテイメント)

メタルギア・アーケード(コナミ・デジタルエンターテイメント)

これらがDXライブラリを使っているかどうかは、わかりません。
ただDXライブラリはほぼ無条件で商用利用可能なので使われていてもおかしくありません。
(JPEGやPNGやOGGファイル、DXライブラリで採用されている擬似乱数技術「MT法」を使う場合は、表記が必要)。
よく見るCRIWAREは、いろんなパソコンで動く、ランセンス料が不明のアドビのミドルウェア(ライブラリ)です。
詳細は知りません。値段がすごそうで、個人や零細企業では怖くて使えない。


設定しやすいコンパイラで設定する
Windowsのソフトを作るというのであれば、GNU-GCCでも、Borlandじゃなかった、Embercaderoのものでも、
何でもいいのですが、なぜかうちの武器庫にはMicrosoft VisualStudio Express 2008があります。
https://drive.google.com/file/d/1MfB1JjyhDFWfWwUZeM4zoE72ZK3AsF0N/view
もう保障期間も切れているので、何かあっても文句言えませんが、十分使えます。
Googleドライブを使っているので、回線や時間帯によっては、まともにダウンロードできない場合があります。
ファイルサイズ大きすぎて、うちのサーバーにアップロードできないから、仕方なくGoogleドライブにうpしたのです。

Microsoft VisualStudio Express 2008で設定
最近のDXライブラリは、Windows、Android、iOSのアプリを作れることになっていますが、
今回はWindows専用です。
2017や2019に比べると、インストール時間は15分程度なので・・・それでもせっかちなのでいらいらします。

とにかくMicrosoft VisualStudio Express 2008を手に入れたら、VisualC++を入れます。

とりあえず、ノリでインストールしちゃってください(詳しい説明はここではいらないので説明省略)。
意外と昔のプログラムの本には、2008か2010のDVD-ROMが付録としてついていましたが、
今は銀版での配布は行われていませんね。
このバージョンでは、64bit専用のソフトは、工夫しないと作れませんが、作る必要もなさそうなので。

DXライブラリが使えるようにVisual C++を設定する
まず、当たり前ですがDXライブラリをダウンロードしてください。
DXライブラリ
https://dxlib.xsrv.jp/dxdload.html
Visual C++用をダウンロードしたら、解凍(展開)したものを、Cドライブ直下においてしまいましょう。
その上で、
「ツール」→「オプション」

左側の「プロジェクトソリューション」の中の「VC++ディレクトリ」

右上の「ディレクトリを表示するプロジェクト」から「インクルードファイル」を選ぶ。

フォルダをCドライブ直下に置いたのは、DXライブラリがどこにあるのかを探しやすくするためです。
「DxLibフォルダに」入っている「プロジェクトに追加すべきファイル_VC用」を追加します。



右上の「ディレクトリを表示するプロジェクト」から「ライブラリファイル」を選ぶ。

「DxLibフォルダに」入っている「プロジェクトに追加すべきファイル_VC用」を追加します。

あとは「OK」してください。

プロジェクトを作ってこれも改変する
「ファイル」タブ→「新規作成」→「プロジェクト」

「プロジェクトの種類」はWin32、「Visual Studioにインストールされたテンプレート」はWin32プロジェクト。

プロジェクト名は、好きなのをつけて、「ソリューションのディレクトリを作成(D)」のチェックを外す。

あとは「OK」で。
そのあとは、「次へ」へ。

「アプリケーションの種類」はWindowsアプリケーション、「追加のオプション」は空のプロジェクトで。

いったん「完了」します。


とりあえず、ソースファイルに「C++ファイル」を作っておく必要がありますので。
「ソースファイル」のとこで右クリックして、C++ファイルを選ぶだけです。
DXライブラリは、C言語をベースにしてプログラムを作れるけど、基本的にC++ライブラリなので。

DXライブラリを使えるようにプロジェクトを設定する
さてと、ここまでやったら、タイトル画面はこんなかんじになります。

「スケベニンゲン」プロジェクトができています。
では、「スケベニンゲン」をダブルクリックして、プロジェクトを開いてみましょう。

ではさっそく、「プロジェクト」→「スケベニンゲンのプロジェクト」
(今回たまたまスケベニンゲンにしただけなので、別のプロジェクト名をつければ、その別の名前になります)。

「構成プロパティ(この図だと埋まっている)」をクリックして、
左上の「構成(C)」を、すべての構成にします。

左の「構成プロパティ」の「全般」を選び、「文字セット」を「マルチバイト文字セットを使用する」に。
そして適用します。

左上「構成(C)」をRereaseにして、

左の「構成プロパティ」→「C/C++」→「コード生成」(まとめられているものが省略されているので最初は見えません)。
みぎの「ランタイムライブラリ」を「マルチスレッド(/MT)」にして、適用。

左上「構成(C)」をDebugにして、

左の「構成プロパティ」→「C/C++」→「コード生成」、
みぎの「ランタイムライブラリ」を「マルチスレッドデバッグ(/MTd)」にして、適用。

あとは「OK」してください。
ちょっと図があまりきれいじゃないのは、気のせいではありません。

とりあえずコードを打ち込んでみる
ちゃんと設定されているかどうかを確かめる作業です。
まあ、コピペでいいので打ち込んでみましょう。

#include"DxLib.h"
int WINAPI WinMain(HINSTANCE,HINSTANCE,LPSTR,int){
    //必須
    if(DxLib_Init()==-1)return -1;

    //線でもひいてみるか
    DrawLine(0,0,600,400,0x00ff00,TRUE);
    //普段は使わないキー入力待ち
    WaitKey();

    //これも必須
    DxLib_End();
    return 0;
}



サンプルに載っているものは、点を表示するものなので、結果がちょっとわかりにくいんです。
うまくいけば大成功。
サンプルに載っている、Windowsアプリを開発するとき用のmain関数のこの記述、
int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance,LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )
これ、かなりの部分を普通に省略できます。というより、ここに書いたソースでは、省略しました。
VisualStudio 2008は、WindowsXP(sp3適用)以上ならば動かせるので、古い機材の活用にどうぞ。
もちろんWindows10でも無問題で2008は動いてくれます。なかなか優れものなので。
むしろ32bit用に作られたソフトなので、何でも詰め込んで強引に動かす2017や2019よりストレスがない。

・・・なんかMicrosoft VisualStudio Community 2019の設定のしかたを書いていませんね。
公式では設定のしかたがアナウンスされています。
2019を入れたはいいが、このオチのなさは何だろう。
まったく2019に触れていない。

とりあえず私からのプレゼント。
head_dress.h
http://arayayuri.site/yuri/head_dress.h
camels_killer.h
http://arayayuri.site/yuri/camels_killer.h
これらが使えると設定が楽になり、キャメル記述から開放されるという代物です。
あとで使い方教えますね。

とりあえず今は、Androidアプリを作るためだけに落とした、
Microsoft VisualStudio Community 2019で正常にDXライブラリを設定できるか、
(証拠は見せていないけど2017のときに1回失敗している)
うちのMACには、macOSX High Sierraが入っているけど、これにうまくXCODE10.1が入るかどうか。
これが気になっています。
Appleストアから無理にダウンロードしなくてもよかったんですね。
Appleストア経由は本当に不便なので。あと音楽は基本聴かないからi-Tuneいらねー。

とりあえず、最新版のGNU-GCC(MinGW)用DXライブラリの設定は、思いっきり失敗しました。
あれで動かせれば、けっこう最強なんですが(作るものによって、ものすごく制限はあるけど。特にメモリや容量の関係で)。
MinGW系のC++コンパイラでは、DevC++というのがあるけど、
これ、公式ではWindows98でも動くとアナウンスしています。
Windows98が動く機種もCD-ROMもないので、私には検証できませんけど。



DXライブラリ編
01 DXライブラリとはゲームを作りやすくするC/C++ライブラリ
02 将来に備えてVisualStudio Community 2019をオフラインインストール
03 Windows用のものを作るならMicrosoft VisualStudio Express 2008が一番ラク
04 DXライブラリを使ってAndroid用の設定をすることは本当にできるのか?
(って出来てねえよ!)
05今度こそあんなことやこんなことしてでもAndroid設定に失敗した記録


広告(買ってね)
男性ホルモンを含まないアミノ酸系筋力増強剤。筋肉を鍛えるとやせます。1日3回3錠。