あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~DXライブラリ編~
01 DXライブラリとはゲームを作りやすくするC/C++ライブラリ
02 将来に備えてVisualStudio Community 2019をオフラインインストール
03 Windows用のものを作るならMicrosoft VisualStudio Express 2008が一番ラク
04 DXライブラリを使ってAndroid用の設定をすることは本当にできるのか?
(って出来てねえよ!)
05今度こそあんなことやこんなことしてでもAndroid設定に失敗した記録
この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第04話 DXライブラリを使ってAndroid用の設定をすることは本当にできるのか?
(って出来てねえよ!)

2019年4月13日 製造
第03話で、VisualStudio 2008を使ってWindows用のDXライブラリを設定して、何か作ってみました。
ちょっと問題がありまして、画面サイズが800×600ピクセルに対応していないようで、
こんな見た目になりました。


Microsoft VisualStudio 2019と、DXライブラリを入手しましたでしょうか?
Microsoft VisualStudio ダウンロードサイト
http://arayayuri.site/weapons/vs_community.exe
DXライブラリ置き場
https://dxlib.xsrv.jp/
いいかんじにとってきてください。 そういうわけで、インストールがまだの方は、しばらくお待ちください。1日ぐらい。


必要なものは「DXライブラリAndroid用」
さて、ダウンロードできるもの全部持ってきてもかまいません。減るもんじゃなし。

やっておいたほうがいいもの
DXライブラリを解凍(展開)したものは、Cドライブ直下に置きましょう。
設定が楽なので。
あと、コントロールパネルのフォルダーオプション(Windows10ではエクスプローラーのオプション)、

「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」に○つけて、

「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す、
これを忘れるということは、プログラマー的には「死」を意味します。

もはやこれは生き残るための義務です!

この説明は、油断するとよく忘れます。

Android用のプロジェクトを作る
まず、Microsoft VisualStudio Community 2019インストーラーを起動してから、


・・・準備が長い!


何かミスった。だいたいリリースから2年くらいは修正を繰り返しているので、
出来立てほやほやの2019なら仕方ない。
うん、起動という項目があるから、とても紛らわしい。

しかし、なんでこんなにCommunityは時間泥棒なんだ?

ここで重要なことは「C++によるモバイル開発」の項目で、
オプションとりあえず全部入れてしまいます(重要)。


さて、このあと起動させるのですが、過去に作ったいろいろ歴代VisualStudioなプロジェクトがうざい!

どこに記録があるのか、場所がちゃんと示されているので、とっとと削除しちゃいましょう。


やってもやらなくてもいいです。
開こうとすると、こうなって、リストから削除されます。

必要なプロジェクトは、「ドキュメント」フォルダに保存されている、
それ用のVisualStudioで、.slnファイルを開けば好きなだけ開きます。

実は前回、VisualStudio 2008で作ったものがあるんですよね。
繰り返し用のBGM音楽が、ちゃんと淀みなく繰り返されるかを試すためだけに作ったものなので、
自分のための作業用。まったく面白みがありません。

画面サイズが、パソコン?画面?によって、作れる画面の大きさのアプリが決まっているんですね。

今度こそAndroidの設定をする
DXライブラリの作者である山田巧さんは「VisualStudio CommunityはAndroid周りが弱い」と書いています。
2017を用意したとき、マニュアルに書いてあるとおりに設定しても、コンパイルも何もできませんでした。
今度こそ何とかしてみたいのですが。

VisualStudio Community 2019でAndroid用設定
とりあえず、DXライブラリ置き場に書かれているとおりに、何かやってみましょう。
https://dxlib.xsrv.jp/use/dxuse_vscom2019_android.html
失敗するかもしれないけど、まずやってみましょう(すごく不安なあおり文句)。

プロジェクトの作成
「新しいプロジェクトの作成」をクリック(反応が悪い)

「プラットフォーム」の右にある▼を押して「Android」を選ぶ

「Native Activity アプリケーション(Android)」を選ぶ。そして「次へ」。

「プロジェクト名」を入れて、どこのフォルダに入るのか確認して(たいていはドキュメントのVisuakStudio2019フォルダ)
「ソリューションとプロジェクトを同じディレクトリに配置する」のチェックは外して、「作成(C)」。

これでプロジェクトはできました。

DXライブラリを使用するためのプロジェクトの設定

まだまだ新しいブツなので、いろいろと更新が多いです。
更新すればまた終了と起動に時間がかかるんででしょ?
更新したければすればいいし、したくなかったら、しなくてもいいです。

右側の「ソリューションエクスプローラー」、
ここではプロジェクト名は「エロゲー」にしましたが、
エロゲー.NativeActivity(Android-19)を右クリック。

プロジェクトの名前は好きな名前でいいです。
「プロパティ」をクリック。

「構成(C)」のとこを「すべての構成」に

左の項目「構成プロパティ」の中の「C/C++」の中の「全般」にあわせてから、
構成の右にある「プラットフォーム」を「ARM」に

「追加のインクルードディレクトリ」に、DxLib_Androidフォルダの中にある、
「プロジェクトに追加すべきファイル_Android_ARM用」をフォルダのパスに追加して、OK、適用。


左の項目「構成プロパティ」の中の「リンカー」の中の「全般」にあわせてから、

「追加のライブラリディレクトリ」に「プロジェクトに追加すべきファイル_Android_ARM用」を
フォルダのパスに追加して、OK、適用。


で、これと同じようなことを、ARM_64用でもx86でもx64でもやります。
同じような作業を4回やるので、写真は、もういいよね?

「構成プロパティ」の中の「全般」にあわせ、「プラットフォームツールセット」を「clang5.0」にする

「構成プロパティ」の中の「C/C++」の中の「言語」、
「C++ 言語標準」を「C++17 (-std=c++1z)」にする。

「構成プロパティ」の中の「C/C++」の中の「プリコンパイルヘッダー」、
「プリコンパイル済みヘッダー」を「プリコンパイル済みヘッダーを使用しない」にする。

「構成プロパティ」の中の「リンカー」の中の「入力」、
「ライブラリの依存ファイル」を、次の文をコピペして置き換えます。
%(LibraryDependencies);GLESv1_CM;EGL;stdc++;GLESv2;OpenSLES;m;DxLib;DxUseCLib;jpeg;png;zlib;tiff;theora_static;vorbis_static;vorbisfile_static;ogg_static;bullet;opus

そして「適用」「OK」

ソリューションエクスプローラーの中にあるファイル3つ削除します。
とりあえず赤く塗った「android_native_app_glue.c」「android_native_app_glue.h」「pch.h」


右クリックで削除を選べば削除できます。完璧に削除していいです。

「ソリューションエクスプローラー」の中の「AndroidManifest.xml」、ダブルクリックで開きます。

もう何が書いてあるのかわけわかんないですが、次の文をコピペで置き換えます。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!-- Changes made to Package Name should also be reflected in the Debugging - Package Name property, in the Property Pages -->
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" package="com.$(ApplicationName)" android:versionCode="1" android:versionName="1.0">

    <!-- This is the platform API where NativeActivity was introduced. -->
    <uses-sdk android:minSdkVersion="9" android:targetSdkVersion="26"/>

    <!-- This .apk has no Java code itself, so set hasCode to false. -->
    <application android:label="@string/app_name" android:hasCode="false" android:theme="@android:style/Theme.NoTitleBar.Fullscreen">

        <!-- Our activity is the built-in NativeActivity framework class.
             This will take care of integrating with our NDK code. -->
        <activity android:name="android.app.NativeActivity" android:label="@string/app_name" android:configChanges="orientation|screenSize" android:launchMode="singleInstance">
            <!-- Tell NativeActivity the name of our .so -->
            <meta-data android:name="android.app.lib_name" android:value="$(AndroidAppLibName)"/>
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN"/>
                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER"/>
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>
</manifest>
このあとは「ファイル」→「AndroidManifest.xmlの保存」。Ctrl+SでOK。

「main.cpp」をUTF-8のファイルにする
なんとMicrosoft VisualStudioと名のつくものは、伝統的にShift-JISという文字コードが使われています。
Androidの開発に使うソースは、UTF-8という文字コードでないと開発できません。
とりあえずプロジェクトソリューションの中にある、main.cppを開きます。
中身に用はないので、全部消します。

全部消すついでに、DXライブラリ用のソースをコピペしてみましょう。

#include"DxLib.h"
//アンドロイド用だしメイン関数も変わってくる
int android_main(void) {

    //必須
    if (DxLib_Init() == -1)return -1;

    //具体的な命令
    DrawLine(0, 30, 600, 500, 0xffff00, TRUE);
    //キー入力あるまで待つ。あまり使わない。
    WaitKey();

    //これも必須
    DxLib_End();
    return 0;
}

これを保存します。ものすごく複雑に保存します。
まずはコピペ。
「ファイル」→「名前をつけてmain.cppを保存」

「エンコードつきで保存」

上書き保存するかどうか聞かれます。「はい」します。

最初は「Shift-JIS」にされています。

この、文字コード書かれているところをクリックして、「UTF-8」を探します。

見つかったらそれに設定して「OK」。保存完了です。


Androidエミュレーターを動かす
まだやることがあったんだ。

「ビルド」→「構成マネージャー」

「アクティブソリューションプラットフォーム(P)」を「ARM」にして、閉じます。

「ツール」→「Android」→「Android Device Manager ...」

変なのでてきた。

「+ 新規」して、「New Device」を設定します。

なんだか左側の設定は、

名前:Galaxy Nexas
基本デバイス:Galaxy Nexas
プロセッサ:armeabi-v7a
OS:Kit Kat 4.4 - API 19
Google APIs:チェックを入れる

右側の設定は変更しません。

新しいデバイスができたようなので、開始してみましょう。

あれ?

何かよくわからないけどインストールしてみましょう。

今度こそうまくいくのかな? ちょっとダウンロードに時間かかっています。

とりあえず、ダウンロードも終わったので開始してみましょう。

開始にはしばらく時間がかかるそうです。
・・・デバイスエラー? なんぞそれ?


気を取り直して作り直します。その前に、まずせっかく作ったギャラクシイをがしゃーん!

同じ設定で作っていますが、名前なんて飾りでしょ?

コンピューターの中で、女工さん(ババア)が一生懸命組み立てているかもしれない。

案外作業が早い。出来上がったので開始です。

起動にはしばらく時間がかかるそうです。
またポシャったら鬼だぞ。

・・・くそふぁっく!
予定では「仮想デバイス上でキラキラAndroidの文字が光り、光らなくなったら準備完了」だそうです。
どうにもうごいてくれません。
何か関連するものが突然の強制終了とか、なかなか殺意が沸いてきます。

気を取り直して、2019そのものを再起動すれば、Androidもリフレッシュされて動くときがあるらしいです。
ちょっとやってみます。
もう写真なんかいいや。どうせ同じ絵面だし。
・・・全然だめでした。
もしこの後、順調に起動しても、Androidエミュレーターの出来が悪いので、よく止まったりするそうです。
さすがGoogle、人をナメてる。
Androidアプリを確実に開発する方法は、まだ私の中では見つかっていません。
もしかしたら、パソコンとのプログラム的な相性問題とか、あるかもしれません。
Google Chromeがよく仕込む「Web Companion」という情報漏洩ウィルスがないと動かないなんてことはないと思いますが。
うちでは、Google Chromeという物騒なものは入れていません。

結論:ポンコツやんけ!

今度は、高級品ばかり売りさばいているけど、金を取るだけのことはちゃんとやってくれる?アポー(Apple)の、
iOSアプリをDXライブラリで作れるか実験します。
DXライブラリでmacOSのアプリが作れるとは一言も書かれていません。なぜなのかは知りません。
macOS機でゲームを作る需要がないのでしょうか?



DXライブラリ編
01 DXライブラリとはゲームを作りやすくするC/C++ライブラリ
02 将来に備えてVisualStudio Community 2019をオフラインインストール
03 Windows用のものを作るならMicrosoft VisualStudio Express 2008が一番ラク
04 DXライブラリを使ってAndroid用の設定をすることは本当にできるのか?
(って出来てねえよ!)
05今度こそあんなことやこんなことしてでもAndroid設定に失敗した記録


広告(買ってね)
毛生え薬には、男性用と女性用があります。
男女ともに、分泌されているホルモンの割合が違うので、違いをつけるようです。
ひだりが男性用、みぎが女性用。

この毛生え薬は、シャンプー、コンディショナー(リンス)もかねています。
ということは、もったいなくても必ずすすいで下さい。
トラベルセットもあります。旅先のお風呂屋さん、シャワー設備、洗面所などでお使いください。
問題は、トランスジェンダーはどちらを使うべきなのだろうか?