あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~DXライブラリ編~
01 DXライブラリとはゲームを作りやすくするC/C++ライブラリ
02 将来に備えてVisualStudio Community 2019をオフラインインストール
03 Windows用のものを作るならMicrosoft VisualStudio Express 2008が一番ラク
04 DXライブラリを使ってAndroid用の設定をすることは本当にできるのか?
(って出来てねえよ!)
05今度こそあんなことやこんなことしてでもAndroid設定に失敗した記録
この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第05話 今度こそあんなことやこんなことしてでもAndroid設定に失敗した記録
2019年6月16日 製造
ほとんどのパソコンは、よっぽどのことがない限り、全画面できるサイズが決まっているもので、
Windows7以降のパソコンになってくると、4:3のブラウン管モニターにも、16:9の横長ハイビジョンモニターにも、
対応できることになっています。パソコンのドライバーしだいなんですが。
・・・ドライバー、これは1度調べてみる必要がありそうだ!
あと、CtrlとAltとカーソルキーで、画面の向きを回転させることもできます。
やったらヤキ入れられそうだ。

そういえばDirectXそのものの調子がおかしいような気がする
第03話以外でも、VisualStudio 2008を使ってWindows用のDXライブラリを設定して、何か作ってみました。

800×600ピクセルの画像設定は、とても一般的ですが、
その一般的な設定に対応できているようには見えません。
対応していないのは絶対パソコンのほうがおかしいに決まっている!
というわけで、私はLATITUDE E6320のドライバーを探していました。
サイトがものすごくクセがあって探しにくかったけど(おまけに1度入れたドライバーはもう検索されない)、
無理やりインストールしました。初期設定用のモニター用ドライバです。

バンバンだぜ!
あと、LATITUDEはタッチパッドが独特なので、これもいつでも設定を切れるようにドライバ入れました。
ほかのメーカーやパソコンについても、XPやVistaのドライバはなんともいえないけど、
製品名 ドライバで検索かければ、出てくる予定。
Bingでも、DuckDuckGoでも、ちゃんと検索できる予定。

Android設定が出来なかったのはドライバのせいだったのか?
とりあえず、ドライバ入れることに成功して、Windows壊しちゃったのでパーティション削除したあと、再インストール。
Latitudeというパソコンの場合は、過去に入れたドライバーは、BIOSに記録しているようなので、
中の電池が生きている間は、設定はそのままでしょうきっと(未確認)。

そういえば、Android Studioを入れたかどうか覚えていません。
Androidのものを作るのに、Android作成のものを入れないとか、何か間違っている。

Microsoft VisualStudio Communityの最新版は、ここから入手できます。きっとこれからも。
https://visualstudio.microsoft.com/ja/
Android Studioは、ここから入手できます。リンクはきっと変わらないでしょう。
https://developer.android.com/studio/
というわけで、Android用のDXライブラリをとってきましょう。
https://dxlib.xsrv.jp/dxdload.html
DXライブラリの使い方については、「C言語何でも質問サイト」のほうが詳しく載っています。
最近更新されたものは、わかりやすさ度外視ですので、資料としては、旧版をお勧めします。
https://dixq.net/

え、何ですって?
MAC版のMicrosoft VisualStudio Community for MACでは利用できないですって?
こいつは何かがおかしい気がするけど、DXライブラリの山田さんの都合もあることでしょう。

今度こそAndroid用の設定を成功させる
インストールなう。
Windows修理後、Android Studioを、やっぱり入れてなかった模様。

インストールのやり方については、Unityの第01話でやったやり方でやれます。
真ん中より少し下のほう。
ああ、Windows10だと、Microsoftのアカウントから入力する方式だから、ユーザー名は半角英数。
日本語が含まれたフォルダにAndroid Studioが入る心配がありません。

無駄に時間が潰されるMicrosoft VisualStudio Community
Microsoft VisualStudio Community 2019(これを書いている現段階の最新版)の設定についても見てみましょう。

この赤く囲まれているところだけチェック入っていれば、いいらしいですが、
念のため、チェックするときの中身も、全部チェックしたほうがいいかもしれません。

私は、Windowsをよく壊しちゃうので、VisualStudio 2019オフラインインストーラーをブルーレイに焼いています。
オフラインインストーラーの作り方は、Qiitaを参考に。
https://qiita.com/takamon9/items/b3effb7701bb304c0a68
これでも、完全にオフラインしきれるわけではないので。(起動のときにオンライン認証があるから)
インストールは、どんな手を使っても、最低5時間はかかります。そして無駄に重たい!
オフラインインストーラーを用意して「すべてダウンロードしてからインストール」を選ぶと、
これでも最短でインストールできます。
インストーラー製造で2時間、ブルーレイ焼くのに1時間、インストールで2時間半。
正確に時間を測ったわけじゃないし、回線速度やパソコン性能に左右されるものでもあるので、5時間は目安です。

プロジェクト作成
ここから先は、めんどうであるがゆえに、ここでつまづきやすいので、慎重にやっていきましょう。
多少時間かかってもいいから確実にやっていきましょう。

新しいプロジェクトの作成

Androidを選んで

Native-Activity アプリケーション

場所や名前は好きにしてください。マニュアルには「test」と名前を付けているけど。
「ソリューションとプロジェクトを同じディレクトリに配置する」は、ごちゃごちゃになるのを防ぐためっぽいです。

問題はここから。

プロジェクトの設定
めんどくささに対抗するには、マイペースに対応すること。
多少時間がかかっても、成功さえすればよし。

ソリューションエクスプローラーのとこにある、
(プロジェクト名).NativeActivity(android-19)で右クリックして

プロパティを選びます

プロパティページが出ます。

構成のところを「すべての構成」に

プラットフォームのところを「ARM」にして

ひだりの欄にある「C/C++」の中の「全般」を選び、
追加のインクルードディレクトリに、「プロジェクトに追加すべきファイル_Android_ARM用」を追加します。

DxLib_Androidのフォルダの中に「プロジェクトに追加すべきファイル_Android_ARM用」はあります。
DxLib_Androidフォルダがどこにあるか、わかりやすいところに置きましょう。


そのあと、ひだりの欄の「リンカー」の中の「全般」を選び、
追加のライブラリディレクトリに「プロジェクトに追加すべきファイル_Android_ARM用」を追加します。



で、ここから先は、さっきと似たような作業を、プラットフォームを変えて、
「ARM64」「x86」「x64」でやります。
読み込むフォルダも、ARM64ならプロジェクトに追加すべきファイル_Android_ARM64用、
x86ならプロジェクトに追加すべきファイル_Android_x86用、
x64ならプロジェクトに追加すべきファイル_Android_x64用を読み込んで適用させます。


今度はプラットフォームを「すべてのプラットフォーム」に変更、

ひだりの欄の「すべての構成」の中の「全般」を選んで、
「プラットフォームツールセット」を「Clang 5.0」に変更します。


ひだりの欄の「C/C++」の中の「言語」を選んで、
「C++言語標準」を「C++17 (-std=c++1z)」に変更。


ひだりの欄の「プリコンパイル済みヘッダー」を選んで、
みぎの「プリコンパイル済みヘッダー」のとこを「プリコンパイル済みヘッダーを使用しない」に変更。


ひだりの欄の「リンカー」の中の「入力」を選んで、
「ライブラリの依存ファイル」のとこを、次の文に置き換えます。
%(LibraryDependencies);GLESv1_CM;EGL;stdc++;GLESv2;OpenSLES;m;DxLib;DxUseCLib;jpeg;png;zlib;tiff;theora_static;vorbis_static;vorbisfile_static;ogg_static;bullet;opus
ここまでやったら、「適用」して「OK」します。

ここまででプロパティの変更は決着つきました。
でも、まだあります。

ソリューションエクスプローラーの変更
まず、この3つのファイルを削除します。右クリックで「削除」を選べば消せます。
android_native_app_glue.c
android_native_app_glue.h
pch.h



ソリューションエクスプローラーの「AndroidManifest.xml」をダブルクリックして、
この文(?)に置き換えます。コピペで。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!-- Changes made to Package Name should also be reflected in the Debugging - Package Name property, in the Property Pages -->
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" package="com.$(ApplicationName)" android:versionCode="1" android:versionName="1.0">

    <!-- This is the platform API where NativeActivity was introduced. -->
    <uses-sdk android:minSdkVersion="9" android:targetSdkVersion="26"/>

    <!-- This .apk has no Java code itself, so set hasCode to false. -->
    <application android:label="@string/app_name" android:hasCode="false" android:theme="@android:style/Theme.NoTitleBar.Fullscreen">

        <!-- Our activity is the built-in NativeActivity framework class.
             This will take care of integrating with our NDK code. -->
        <activity android:name="android.app.NativeActivity" android:label="@string/app_name" android:configChanges="orientation|screenSize" android:launchMode="singleInstance">
            <!-- Tell NativeActivity the name of our .so -->
            <meta-data android:name="android.app.lib_name" android:value="$(AndroidAppLibName)"/>
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN"/>
                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER"/>
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>
</manifest>




プロジェクトの設定はここまで。長かった。

でもまだやることがあった
ソースを書き込むものは、ソリューションエクスプローラーの欄にある「main.cpp」。
これをダブルクリックして開いて、

ファイルから、「名前を付けて保存」を選びます。

エンコード付きで保存

上書きしますか? はい。

ここで、「Unicode(UTF-8 シグネチャ付き) - コードページ 65001」を選びます。

いっぺん「Unicode(UTF-8 シグネチャ付き) - コードページ 65001」にする必要があるのです。

エミュレーターの準備
ソースは本当は打ち込んだほうがいいけど、コピペしちゃいましょう。
#include "DxLib.h"

// プログラムは android_main から始まります
int android_main( void )
{
    if( DxLib_Init() == -1 )        // DXライブラリ初期化処理
    {
        return -1 ;            // エラーが起きたら直ちに終了
    }

    DrawBox( 220, 140, 420, 340, GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ;    // 四角形を描画する

    WaitKey() ;                // キー入力待ち

    DxLib_End() ;                // DXライブラリ使用の終了処理

    return 0 ;                    // ソフトの終了 
}

いったん上書き保存して、アンドロイドエミュレーターを起動します。

「ビルド」の中の「構成マネージャー」、

「アクティブソリューションプラットフォーム」を「ARM」に変えます。そして閉じます。

「ツール」の中の「Android」の中の「Android Device Manager」

+新規 をクリックして、Androidを組み立てちゃいましょう。

設定はこのとおりで。みぎは放置でいいです。


ダウンロードなう・・・?

作成中。部品はインターネットで送られるようです。


できたてほやほやのAndroidエミュレーターを開始しましょう。

・・・こうなったら、インストールしましょう。

だうんろーどなう・・・? Androidというものはダウンロードするものみたいです。

なんか知らんけどぽちっとな。


起動には時間がかかりますので、Androidのぴかぴかが消えるまでしばらく待ちましょう。

・・・消えてから実行して、もうずっとこんな状態なのですが。


いくらVisualStudioを再起動しても、パソコンのほうから再起動しても、まったく動く気配はありません。
山田さんのローカル環境ではうまくいっているのかもしれませんが、
私のところでは、うまくいく気配はありません。

説明の通りならば、設定が間違っているとは思えないので、
Android開発をDXライブラリでやろうとするのは、しばらくあきらめることにいたします。
今度はiOS用の設定をやることになるのですが、
Androidが失敗するということは、iOSでも失敗するのではないかと危惧しております。
失敗したところで、ネタにするので、そこまで痛くはないのですが。
iOSが使われている具体的なものは、よくガラスが割れるi-Phoneとi-Padですね。
ガラスが割れる以外では、けっこう高性能らしいです。知らんけど。



DXライブラリ編
01 DXライブラリとはゲームを作りやすくするC/C++ライブラリ
02 将来に備えてVisualStudio Community 2019をオフラインインストール
03 Windows用のものを作るならMicrosoft VisualStudio Express 2008が一番ラク
04 DXライブラリを使ってAndroid用の設定をすることは本当にできるのか?
(って出来てねえよ!)
05今度こそあんなことやこんなことしてでもAndroid設定に失敗した記録


広告(買ってね)
やせ薬。1日3錠。便秘薬でもあるので、尻漏れ注意。