あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~Inkscape・GIMP編~
01 プログラムのほかにやるべきことは絵心を学ぶことだった
02 InkscapeはGIMPとペアで使うものらしい

この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第02話 InkscapeはGIMPとペアで使うものらしい
2019年6月26日 製造

今回の難しそうな御言葉
インポート
いわゆる「開く」。インは、取り入れることから。
保存と違うのは、そのソフトの形式で保存する場合と、違う形式で保存するかを用語で使い分けていること。
なんとこの用語はGIMPでも使う。FireFoxでも使う。
エクスポート
いわゆる「保存」。アウトは、はき出すことから。
保存と違うのは、そのソフトの形式で保存する場合と、違う形式で保存するかを用語で使い分けていること。
なんとこの用語もGIMPでも使う。FireFoxでも使う。
ペイントソフト
GIMP、Photoshop、Fireworks、PictBear、Alfarなど、ドット絵を描くソフト全部。
直線と曲線だけで表現するCAD(製図ソフト)やGIMPやIllusratorなどは「ドローソフト」と呼ぶ。
プラグイン
何かをさせるために導入する、便利スクリプト。
RGB
テレビ、スマホ、ディスプレイは、赤(RED)と緑(GREEN)と青(BLUE)の、3色の光を使って映像を表現する。
そのときの光の強さを数値化したもの。3つの光の組み合わせだけで、ほとんどの色が表現できる。
印刷はCMYK。CIAN、MAGENTA、YELLOW、BLACK。さらに紙の色の白を入れて、5原色の組み合わせで色を表現する。
パレット

フォルダ


というわけで、第01話で紹介した晋遊舎しんゆうしゃのムックの題名は「徹底図解GIMP & Inkscapeのすべて」です。
AdobeのIllutratorは、Photosopとペアで使うこと前提だし、
Inkscapeだって、GIMPと一緒に使うことが前提のようです。
どれ使ってもいいけど、無料のペイントソフトは、GIMPとPictBearぐらいしか思いつきません(探せばまだあるけど)。
ベクタードローのやつは、Inkscapeしか思いつきません(フリーのCADソフトでいいものはあるけど、別ものだし)。
売り物のやつは、そこそこあるけど。Corel Paintshop Proとか、Corel DRAWとか。

今回は開き直ってGIMPします。

GIMPでPhotoshopのプラグインを使う方法(Windows専用)

やり方説明
ここの説明&プラグイン置き場の説明によると(日本語訳は意訳です)、
Tools to Inspire Imagination & Creativity
http://akvis.com/en/graphic-tips/add-plugins/gimp-add-plugins.php

Step1. 「here」からダウンロードして、zipファイルを展開して、「pspi.exe」を所定の場所にコピーしなさい。
C:\Program Files\GIMP 2\lib\gimp\2.0\plug-ins の中
Step2. 使いたいAKVISプラグインをダウンロードして、インストールしなさい。
もしGIMPに認識されなかったとしても、心配するな。
Step3. GIMPを開き、[フィルタ]メニューの[Photoshop Plug-In Settings]を選択しなさい。
新しいウィンドウがポップアップします。

最初のフォルダ( "1")をクリックしなさい。ウィンドウ中央のボタンは赤で強調表示されます。
最後のフォルダ( "2")をクリックして、
AKVISプラグインのあるフォルダ(C:\ Program Files(x86)\ AKVIS)を見つけなさい。
ヒント:必要なプラグイン(.8bfファイル)をすべて別のフォルダにコピーして、
そのフォルダだけをGIMPに追加することができます。
"OK"を押しなさい。
Step4. GIMPを再び開くと、フィルタメニューに新しくインストールされたAKVISプラグインが表示されます。
写真を開くとアクティブになります。

すべてのAKVISプラグインが、
Photoshop以外の方法で選択して動作するGIMPと完全な互換性があるわけではないことに注意しなさい。
AKVISプラグインの互換性の表を確認しなさい。

AKVISプラグインとは、pspi.exeを配布しているところで配布しているプラグインのようです。
なぜかAKVISプラグインの互換性の表だけは日本語訳されているものがあります。
http://akvis.com/jp/compatibility-software.php
欲しかったら、買っちゃってください(全部が売り物だし)。
で、AKVISプラグインは無理して入れる必要はありません。

本当にやるべきは、AKVISプラグインとは限らず、
Photoshopプラグイン(8bfファイル)を使えるようにすることなので、
Photoshopプラグイン(8bfファイル)をダウンロードして、それを決まった場所に入れて、
こう読み替えます。

Step1.「C:\Program Files\GIMP 2\lib\gimp\2.0\plug-ins」という場所に「pspi.exe」をコピー。
Step2.自分がわかって、なおかつ間違って削除しないフォルダにプラグインをコピー。
このとき、ファイルの場所を示すアドレスをコピーしておいたほうが、楽できる。
Step3.「フィルタ」→「Photoshop Plug-In Settings」
Step4.そのコピーした場所にアクセスする。 そのあと再起動(必須)。

とりあえず、CS4ではPixelBlenderを使って使用していた「ayato@webのUn-Multiply」(黒を透明化できる)と、
CS4では使えなかった「MuRa's Filter Meister - トーン」(グレーを網点と呼ばれるものに置き換える)、
これを入れることにします(いいかんじにBingとかでぐぐってね)。
とりあえず、プラグインがあるフォルダを選べばいいということです。


アドレスをコピーしてペーストしたほうが早い。

で、再起動して、
エラーになるときは、リセットして、やり直しましょう。
たくさん入れたあとでエラーになったら、萎えますね。


使えなかったプラグインは撤去して、巻き添えになったプラグイン(同じフォルダにあったプラグイン)を再設定です。
結果、うちではUn-Multiplyは使えなかったけど、MuRa's Filter Meister - トーンは認識しました。


でも、使えなかった! くそふぁっく!


塗りはグレーのまま。
プラグインの役立たず! 力技でやってやるんだから!

PhotoshopでもGIMPでも、プラグインなくても力技でトーンを再現できるのですが。
PhotoshopでもGIMPでも、トーンがあんまり美しくない。

あ、でもGIMPの新聞印刷の角度0゜はそこまで悪くない。


というわけで、リンク切れがややこしい状態になっていて、情報をぐぐりにくくなっていたので、
ここでもGIMPでPhotoshopのプラグインを導入する方法を紹介することにしました。
でもこの方法はWindows専用。MACやLinuxのやり方は、また探してみます(無さそうだけど)。
・・・Photoshopプラグインは、本当にGIMPで役立つのだろうか?

色塗りしたものをトーン(模様)に置き換える方法は、ここに掲載されています。
レタマメ トーンまとめパート②〜Photoshopでトーン化!基本編〜
https://retamame.com/photoshop_tone2
小栗長屋 GIMPの新聞印刷機能で漫画風(白黒版)
https://ameblo.jp/pupupupil/entry-11557304547.html

GIMPでもパレットが欲しい
ぶっちゃけ欲しいです。自分専用のパレットが。
Photoshopだと、よくパレット壊されます(これはこれで回復法を探さなくちゃ)。


めんどうだけど確実にわかりやすい方法
パレットを表示させて、

ここをクリックして、新しいパレットを用意して、

ひたすらドラッグ&ドロップしまくります。

たくさん色を設定するとなると、この方法、めんどくさいです。
ほかに手がないのか探ってみました。

数を打ち込んでパレットを作る方法
私はむしろ、こっちの方法を採用したいのですが。
パレット作るときのルールは、けっこうあります。
・日本語などの多バイト文字を使わない
・パレットファイルの拡張子は「gpl」
・1行目は「GIMP Pallets」、2行目は題名
・3行目から色をRGBで書き記す(0~255の範囲を赤・緑・青の3種類の混ぜ合わせを書く)
・半角スペースが区切り
具体例を見ましょう。
1行目、2行目は決まっているので、コピペでいいとして、
GIMP Palette
Name: Soda Mania

題名(Name: )のところは好きな名前にしていいです。

拡張子をつけるために「すべてのファイル(*.*)」で保存。
でも間違ってtxtファイルで保存しても、あとからtxtファイルの拡張子を変えて使うことができます。
拡張子が表示できる設定ならば。

自分がわかる、日本語とかが含まれていないフォルダにコピーします。

このあと、GIMPに戻り「編集」→「設定」

矢印のものをクリックして(最初ひだり側、フォルダのアドレスをコピペして、みぎのやつで微調整)、
gplファイルを保存した場所にアクセスして「OK」します。

微調整の様子は、こんなかんじ。

パレットの出し方は「ウィンドウ」→「ドッキング可能なダイアログ」→「パレット」

これでパレットが使えるようになりました。実際に使うときは、ダブルクリックでパレットを出す。

今回はテスト用として2色しか作ってないけど、256色まで登録できます。
けっこうわかりにくかったです。
パレットを作るとき、「#」はコメントとして扱われるので、「#」以降は無視。
16進数を使うことができません。全部10進数です。
でも#以降がコメントアウトされるからって、中身に日本語などが含まれてはいけません(重要)。


とりあえず、完成したパレット「soda_mania.gpl」が欲しい方は、どうぞ。
soda_mania.gpl
文字コードは、Windowsに合わせて作ってあるので、Shift-JISです。
ほかの機種では、何の文字コードに合わせたらいいのか、わかりません。
パレットを作るときの参考にしたらいいと思う。
あと、大文字ばかりなのは、ただの趣味です。
sodaなのは、このパレットの元になるものを作ってくれたのが、私の死傷の矢部ソーダさんだから。
生前はお世話になりました。

GIMPを使うときに役に立った情報
ラボラジアン 画像をモノクロ2階調に変換する方法(GIMP使用)
https://laboradian.com/convert-image-to-monochrome2-using-gimp/
synclogue navi GIMP で背景を透過する方法(アルファチャンネルを追加)
https://synclogue-navi.com/gimp-clear
ホームネットワーク研究所 GIMPに個人用カラーパレットを追加する。
https://nw.myds.me/gimp/customize-colorpalette/
前半のほうで紹介したリンク先は省略。
ダスト&スクラッチをGIMPでやる方法は、捜索中です。



Inkscape・GIMP編
01 プログラムのほかにやるべきことは絵心を学ぶことだった
02 InkscapeはGIMPとペアで使うものらしい


広告(買ってね)
毎日定期的に飲むことによって避妊できる避妊薬。
なぜか脱毛予防、にきびにも効果あります。
当然女性専用。

MTFは女性だけど使いません。強力な女性ホルモンなので飲み過ぎと血栓に注意!
FTMは子宮がまだある場合は使うかもしれません。