あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~Java編~
01 基礎をやったところで何かできるわけでなし
02 C++--
03 数値とか型とかめんどくさい計算とか
04 将来使うとは思えないコンソール入力
05 条件分岐
06 くりかえしの魔法
07 配列の良さを伝える方法がわからないけど
番外編 NetBeansは好きだがEclipse Pleiadesもやる

この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第02話 C++--
2019年3月4日 製造
Javaをやる人は、盛んにJavaを「C++--」と自嘲します。
理由は不明。
C言語はメモリの管理がめんどくさい。でもJavaはその辺を気にしなくてもいい。
でも、C++ではメモリの管理のほかに、謎のオブジェクト指向を強引に実装してから、
「誰にも理解できない難解言語」として君臨しています(半分うそ)。
Javaは、C言語に影響されて、それを元に独自のオブジェクト指向を搭載しています。
オブジェクト指向という宗教については、使い方だけ覚えればいいかと。
深いところまでやらなくてもいいでしょう。
C++については、MONOプロジェクトの発起人に、
「C++をやるには我々の人生は短すぎる」。と、言わせています。
MONOプロジェクトとは、Windows以外のマシンでも、.NET Framework、
つまりC#やF#、VisualBasic.NETなどを使えるようにするプロジェクトです。
考え方が完全にJavaに近いです。いや、Javaより実行速度も速く許容範囲が広いからもっとすごいかも。

ほとんどのことはC言語と共通
実行速度の速さなんて、アルゴリズムでどうにかしろと。
ソート(並べ替え)アルゴリズムの競争で、遅いパソコンで速いアルゴリズムを実装したものと、
速いパソコンで遅いアルゴリズムを実装したもので勝負させたら、遅いパソコンの圧勝でした。
・・・みたいなことは、余裕のあるアルゴリズム授業だと、あなたの目の前でやるかもしれません。 で、この問題は、使う人が待ち時間を耐えられるように作ればいいという問題も含めてのお話です。

C言語と比べたJavaの特徴は、
・型を最初に宣言してから、計算やら何やらに使う。
・加減乗除、条件分岐、繰り返しの構文の使い方がC言語と一緒。しかも3項演算子もある。
・でも使う関数に関しては、C言語とは全然違う。別言語だし。
・配列の実装の仕方がJavaだといくつかある。要素数を途中で増やせる。C言語は配列に制限がある。
・C言語だと配列でしか実装できなかった「文字列」が、Javaでは文字列型として1つの変数として使える。
 しかも変な関数覚える必要なし。
・C言語には#include、Javaにはimportがあって、ライブラリを読み込む機能がある。
・いちおうJavaは、ポインタがないことにされている(あるけど正確には「意識しなくて済む」)。
・Javaにはガベージコレクションというものがあるので、C言語と違ってメモリを意識しなくて済む。
・Javaには、C言語でいう#defineにあたる、置き換えするものがないので、一部キャメル記述を強要される。

良くも悪くもC言語に似ているので、面倒な部分はそのまま面倒なままですが、
似たもの同士、C言語にインスパイアされた言語ですので、どうしても似てしまいます。

というわけで、それらしいコードを打ち込んでおく必要がありそうです。
C言語と比べて、どのくらい似ているのか、見てみましょう。
本当は配列や入力のところもやっておくべきだったかも。
ぶっちゃけプログラムのソースをHTMLで打ち込むの超つらい。
普段だったらWinShotというフリーソフトで画面を写して、それでソースごまかしたりするのですが、
今回はコピペで確認できるようにしておきました。やりたくなかったけど。

とりあえずJavaは、NetBeans8.2日本語版、
C言語は、Dev-Cpp 5.11 TDM-GCC 4.92を使って確認しています。
とりあえずC言語とC++、どちらでもC言語が使えます。C++はC言語をフルコンパチだし。
だからC++コンパイラはたいていC言語とC++兼用です。
あとで調べたら、「Dev Pascal」というものもあるようです。
Pascalは、欧米でそれなりに盛んに使われている言語で、Pascalを独自拡張したのがDelphiです。
もう今どきPascal名乗るものは、全部Object-Pascalなんだけど、今回この話題、関係ないですね。

計算についての例です。
C言語
#include <stdio.h>

int main(int argc, char** argv) {
   //QMAで実際にある○×クイズの問題
   int qma;
   qma=1+2+3*0;
   printf("1+2+3×0の答えは、\n%dである\n",qma);
 
   return 0;
}
Java
package javaapplication1;

public class JavaApplication1 {
    public static void main(String[] args) {
        //QMAで実際にある○×クイズの問題
        int qma;
        qma=1+2+3*0;
        System.out.print("1+2+3×0の答えは、\n"+qma+"である\n");
   }
}
浮動小数型は、ネタが思いつかないので省略します。floatとdouble、
どちらかというと、floatのほうがバイト数が安いのでfloatが好まれる傾向があります。
浮動小数と、一般的な小数の区別は、私にはつきません。 だから文字列関連で。
C言語
#include <stdio.h>
#include <string.h>
int main(int argc, char** argv){
       //文字列の中身が同じものかどうかを調べる
       char opai[]="おっぱい";
       char pecha[]="ぺちゃぱい";
       if (strstr(opai,pecha)){
           printf("おっぱいは正義");
       }else{
           printf("おまんまん正義");
       }
    return 0;
}
Java
package javaapplication1;

public class JavaApplication1 {
   public static void main(String[] args) {
       //文字列の中身が同じものかどうかを調べる
       String opai="おっぱい";
       String pecha="ぺちゃぱい";
       if (opai == pecha){
           System.out.println("おっぱいは正義");
       }else{
           System.out.println("おまんまん正義");
       }
   }
}
結果については、いいかんじにコピペして実行してみてください。
けっこう共通点多いです。

スペースあまり開けないのは、私のクセです。
1980~1990年代のパソコンのBASICなんて、メモリ使用量を最小限にするために、
必要に迫られたとき以外はスペース開けないのがデフォだったし。
C言語やJavaとかで、ガバガバとスペース開けるのを見て最初びっくりしましたわ。

それにただでさえ大文字小文字を区別することに抵抗感があるというのに。
なんだよキャメル記述なんて。
キャメル記述は、もう国際法で禁止してほしいですね。



Java編
01 基礎をやったところで何かできるわけでなし
02 C++--
03 数値とか型とかめんどくさい計算とか
04 将来使うとは思えないコンソール入力
05 条件分岐
06 くりかえしの魔法
07 配列の良さを伝える方法がわからないけど
番外編 NetBeansは好きだがEclipse Pleiadesもやる


広告(買ってね)
FTMを目指す方へ、男性ホルモン。