あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~Java編~
01 基礎をやったところで何かできるわけでなし
02 C++--
03 数値とか型とかめんどくさい計算とか
04 将来使うとは思えないコンソール入力
05 条件分岐
06 くりかえしの魔法
07 配列の良さを伝える方法がわからないけど
番外編 NetBeansは好きだがEclipse Pleiadesもやる

この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第05話 条件分岐
2019年4月13日 製造
そういえば、違う型どうしで計算するためのもので「dnum」「inum」があったけど、(第03話関連)
それ伝えるの忘れたけど、キャストさえ覚えておけば何とかなるので、あるということだけ知っていればいいです。
それと、+=、-=、*=、/=、%=なども触れていなかったけど、勘でわかる予定。
a=a+1を、a+=1と表現するのと同じものです。同じ変数の数を変えるためのもの。

さてと本題、
条件分岐(if~else~else ifとswitch~case 三項演算子)です。
やってることがC言語やPHPとほぼ同じなので、概念さえ理解できていれば、簡単に覚えられます。
概念がわからないと、ここでずっと引っかかります。第1の壁です。
まあ、ベルリンの壁よりはずっとずっとやわらかいので、何とかなるでしょう。


もし、こうだったら、こうする、じゃなかったら、
まず先にダメな例。

C言語じゃあるまいし。知ったかぶりしてこんなことしちゃだめです(trueとfalseだけは別格)。
C言語は0がfalse(偽・いいえ)、0以外のすべてがtrue(真・はい)として扱われますが、
Javaはboolean型で判断されます。trueかfalseで判断します。
あ・・・このboolean型も今まで書いてなかった。使わないだろうと思っていたら使うこともありますね。


とりあえず、このコードを見てみましょう。
黄色いところは、宣言です。int型は数です。String型は文字列、メッセージです。
なぜかstringではありません。Stringです。頭文字が大文字です。微妙な違いで戸惑います。
緑が条件。「もしaaが100以下だったら?」という条件を出しています。
赤は、そのとおりだったときの処理をします。基本的に { } (なみかっこ)で囲います。
たくさん処理するときに、なみかっこを使うととても有利です。
青は、逆に条件どおりじゃなかったときにどうするかを書いています。
やっぱり、{ } なみかっこを使います。

if文では、elseの部分(偽・falseの条件になったら何をすべきか)を書かなくてもいいです。
省略できます。実際、else部分を書かない人、どの言語でもけっこういます。

この処理では、String型のbbに、メッセージを代入して、最後に表示しています。
ただ、この「<=」とか、わけわかんないですね。
条件式を示す印ものです。
条件を示すもの どういう意味か
== 同じだったとき
< 右のやつより左が少ないとき
> 右のやつより左が多いとき
<= この数も含めて左のほうが少ないとき。以下。
>= この数も含めて左のほうが多いとき。以上。
!= 同じじゃないとき
String型の場合は、==か!=しか使わないと思います。

もうここで、2つ以上の条件をつける意味で使う記号も、やってしまいましょう。
使う記号 どういう意味か どんなとき使う?
&& いわゆる「and」。 「○○と○○」という条件をつけたいとき
|| いわゆる「or」。 「○○か○○」という条件をつけたいとき。使い方しだいでクラックに使われる場合がある。
! いわゆる「not」。否定だけでなく反転の意味で使うこともある。 !(○○&&○○) まとめて条件を否定・反転させたいとき。
! びっくりマークは意外と見えにくい。

if~else if・・・たくさんifを重ねる
世の中には、else ifというものがありまして、これを使うと、
これじゃなかったら、えーと、もしこれだったら・・・、
あんまりやりすぎると、混乱してきますが、例題作ってみます。

1画面に収まるのが16行だから、けっこう詰め詰めです。
else ifの連続です。
いろんな条件に使えるので。解析は任せます(投げた!)。

break;をいちいち書くのが面倒な上に使い勝手が悪くて嫌われるswitch~case
break; は、「ここで処理を止めて、今やっている処理から抜けなさい」という意味の言葉です。
私もswitch~caseは嫌いです。めんどくさいから。
でもやってみましょう。


だいたいの例題は数で判断させますけど、Javaは文字列でもやれます。
黄色いところは変数宣言。
赤いところは、もしaaという変数が、ああだったら? の判定。
緑のリストに当てはめて、当てはまらなかったらdefaultが実行されます。
緑のリストで気をつけるところは必ず最後にbreak; をつけること。
これを抜かすと、次の行のものも自動的に実行します。
さらに、&&や||、!も使えないし、いくら以上みたいな条件もつけられないので、
とても使い勝手が悪いです。
人気ないのは、break; のせいだけじゃないかもしれません。
実は、このswitch~caseの使い方、私、虎の巻を見ないと使えません。
それくらい需要ありません。

ちょっと読みにくい三項演算子

黄色が条件式、赤がtrue、青がfalse。
醜いので、とりあえず「ある」ということだけ覚えればいいです。
falseの条件のところで、三項演算子を重ねまくって(ネストして)使い倒すキチ・・・もとい、すごい人もいます。
当然、変数の代入以外のところでも使います。
(a==1)? b="朕個":b="萬子";
代入しない書き方はこんなかんじです。
あと、if文との最大の違いは、elseに相当する部分(偽・falseならどうするかの処理)を省略できないことです。
それ以外は、ほとんどif文と一緒です。
では、少しだけキチガイ文をかいて、終わりにしましょう。
(a==1)? b="朕個":(a==2)? b="去勢":(a==3)? b="摘出":b="女性器";

今回はこんなかんじでいいと思います。



Java編
01 基礎をやったところで何かできるわけでなし
02 C++--
03 数値とか型とかめんどくさい計算とか
04 将来使うとは思えないコンソール入力
05 条件分岐
06 くりかえしの魔法
07 配列の良さを伝える方法がわからないけど
番外編 NetBeansは好きだがEclipse Pleiadesもやる


広告(買ってね)
FTMを目指す方へ、男性ホルモン。