あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~JavaScript編~
01 必要に迫られてやることになった
02 結局何を使えばいいの?
03 NetBeansでJavaScriptするための格闘

この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第01話 必要に迫られてやることになった
2019年4月10日 製造
なんでこんなキャメル記述熱烈推奨のクソ言語を覚えなければいけないんだ!
キャメル記述とは、
autoBacksとかfileDownloadとか、途中の頭文字だけ、ぼこっと大文字になっている記述方式で、
しかもものによっては中途半端に頭文字が使われていて、使いにくさMAX! ぶちころすぞこらあ!
変数から関数からすべてがグロテスクの極みなのですが。
こんなんだったらHSP3をJavaScriptに変換する機能を使ったほうが楽できそうですが。

すべてはUnityの前準備とWEBに箔をつけるため
世の中には、Unityと呼ばれる、UnrealEngineと張り合っているゲームエンジンがあります。
条件さえ飲めば、無料で使わせてくれるそうです。
ただ、これに関しては3DCGをいつでも作れる技術をマスターしてからのほうがいいと思うので、
WEBに使うためのJavaScriptをやっていきましょう。
それにしてもNetscape Communications社が最初「LiveScript」と名づけたものを、
Javaの人気にあやかって「JavaScript」と名前を変えたのが、どうにも気に食わない。
というわけで、JavaとJavaScriptは別の生き物です。

統合開発環境とか
ぶっちゃけいりません。手間を省くために何かしらの統合開発環境を整えるのなら別ですが。
私は従来どおりNetBeansを使っています。Eclipse Pleiadesでもかまいません。
Adobe DreamWeaverですって? 二重に覚えることが増えるからやめたほうがいいです。勧めません。
しかも、お高いんでしょ? むしろ割れ物使っているやつのほうが多いんじゃないかと。

最近出たMicrosoft Visual Codeは、英語なので使う人を選ぶと思います。しかもテンプレもない。
1回テンプレを作って、それを基にしてサイトなり何なりを作ったほうが、楽にサイトを作れます。
JavaScriptは、HTMLやCSSに寄生(むしろ共生)して生きている言語ですので、HTMLの知識は、必要です。
どこかでHTMLの本で気に入ったものを1冊買って、alpha editやEasyCSS2を手に入れて、遊んでみましょう。
「とほほのwww入門」は、タグの知識はそのまま流用できます。
HTML5やCSS3にはあまり対応しきれていないけど、昔はよくお世話になったなあ。
http://www.tohoho-web.com/www.htm

HTMLのテンプレ
<!DOCTYPE html>
<!--
To change this license header, choose License Headers in Project Properties.
To change this template file, choose Tools | Templates
and open the template in the editor.
-->
<html>
    <head>
        <title>TODO supply a title</title>
        <meta charset="UTF-8">
        <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    </head>
    <body>
        <div>TODO write content</div>
    </body>
</html>

・・・本当は<div>と</div>なんていらないんだけど。
<body>から</body>まで囲まれている間のところに書き込みます。
<head>から</head>まで囲まれているところは、ページの細かい部分を決めるところ。
とりあえず、これをコピペして、メモ帳(UTF-8で保存すること)や、TeraPad(UTF-8 BOMありに設定すること)や、
NetBeansやEclipse PleiadesやAtomやVixやVisual Codeや・・・あら意外とエディタや統合開発環境ありますね。
サーバーソフトのXAMPPやMAMPは、PHPやPerlやRubyのようなCGI製造するわけじゃないので、必要ありません。
とりあえず、せっかくdivまで自動テンプレが勝手につけちゃったので、
<div>と</div>の間に挟まれたところに書きたいこと書いていきます。
alpha editを使っている人は、Shift-JIS用と、UTF-8用の2つを保存してください。
再びUTF-8のページを読み込もうとすると文字化けするから。


JavaScript用のテンプレ
<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <title>タイトルなんて飾りですエロい人はそれがわからんのです</title>
        <meta charset="UTF-8">
        <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    </head>
    <body>
        <script>
            var js="JS";
            document.write("<p>"+js+"大好き!</p>");
        </script>
    </body>
</html>

いいかんじにコピペしてください。
<script type="text/javascript">と、丁寧に宣言する方もいます。
とりあえず、WEBページとして使われるHTMLファイルは、
scriptといえば、JavaScriptを使うことを前提にしているので、
そこまで吟味する必要は、今のところないでしょう。
<script>から</script>まで囲まれている間のところにJavaScriptのソースを書き込みます。

とりあえず、今のところ調べた限りでは、こんなかんじでした。
そのうち.jsファイルを読み込む方法も見つけておきます。
いちおう、タグ込みでdocument.writeして表示させています。



JavaScript編
01 必要に迫られてやることになった
02 結局何を使えばいいの?
03 NetBeansでJavaScriptするための格闘


広告(買ってね)
やせ薬。1日3錠。便秘薬でもあるので、尻漏れ注意。