あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)
なるべく安くマイパソコンを買う方法
(今回の読者ターゲットは中高生~大学生。別にニートや社会人が読んでもいいけど)。
2018年8月29日 製造


新製品は、高くて普通の学生には手が出ません。
それでも、大学進学をもくろんでいる人にとっては、パソコンは必須になってきました。
この状況、貧乏人にとっては何か腑に落ちない状況なのですが。

昔のパソコンは持ち運びがほぼ不可能でした。
授業で使うにしても、コンピュータのある部屋を録画したものをあとで見るとか、
そういうものでした。
LEDが普及して、液晶モニターが普及して、
ノートパソコンがデスクトップの売り上げを上回るようになったのは、つい最近です。
パソコン組み立てるだけの部品を買うお金も時間もなくなってしまう、
悪夢のような状況が日本全土を覆っています。だからです。
デスクトップの売り上げの半分以上が自作用なのです。

最近はブラック企業ばかり増えて、仕事量が多い割にはお給金が入ってこない、
つまり儲かっていない、賃金を振舞えない、事業に明らかに失敗している企業の多いこと多いこと。
これ、ブラックバイトでも当てはまります。

新しいパソコンは、ものすごく値切っても、せいぜい79,800円+税。
しかもノートパソコン持ってこいとかいう無茶な先生もいるようですし、
レポートは大学のパソコンを借りるにしても、めんどくさい手続きが必要になります。

安くていいやつの見分け方
というわけで、パソコン工房でもセカンドストリートでもブックオフでも何でもいいので、
中古パソコンを扱っている店を探しましょう。
そこで、使われているメモリに注目。
メモリ4GB以上搭載されていること。
ここ重要です。今のパソコンには、32bitパソコンと64bitパソコンがあります。
32bitパソコンは動作が遅いのです。64bitを買うべきなのです。
32bitはメモリ3.4GBの壁があり、それを超えることができないし、
たくさんメモリを搭載してももったいないので、たいてい2GB以下です。
(でも、32bit機はもう売られていないかもしれない。コジマやヤマダやケーズを見ての感想。でも中古だとどうでしょ?)
本当はCPUやグラフィックボードについても調べられればいいのですが、
決定的な差はメモリなのです。
たとえ64bitパソコンだったとしても、メモリ買い足すことになるでしょう。
(不思議なことに、MAX状態で売られているのは見たことがない)。
例外として、Core i7とかCore2 DUOとかAMD64とか、一発で64bitだとわかるものはそれでいいですが。
廉価版のわからない名前のやつは見分けがつかないので(最近のは、いちおう64bitらしい)。
電源入れて、マイコンピュータまたはPCのプロパティを見られれば、64bitかどうかは一発でわかります。
一発でもなかった

今時のオンラインゲームのルール覚えるよりは簡単

細かいと見えない

一発でもなかった。
それでも、本当に一番いいのは、パソオタと一緒に買いに行くのが一番です。

ヤフオク!、楽オクなどのインターネットオークションや、
メルカリ、ラクマなどの個人売買でやりとりしてもいいです。
(実はスマホだけでなく、パソコンからもアクセスできる)。
私はいちおうパソオタなので、パソコン買って、ちょっと改造しました。
シールはA4のが100均で売っている
傷隠しにポップンミュージックのシール作って貼ってみたり、
PS4についていた1GBのHDDに変えてみたり(触った瞬間128GBのSSDが死んだ)、
キーボードをヤフオク!で買って、3回くらい壊してようやく直したり、
ちゃんとしたメーカーの場合はマニュアル作って配布していることが多いから、
これを見て改造の参考にしたり。

自作派にとっては、OS込みでパソコンを買えるので、たまにOS目当てて中古買う人もいます。
何しろ、自作パーツの中では、CPUの次あたりにお値段はるのがWindowsなので。
あと、業者はマッキントッシュを売りたがりません。理由は不明です。
アホみたいに高くて、スティーブ・ジョブズが嫌いだからなんでしょうきっと(推定)。
少なくとも私はスティーブ・ジョブズは嫌いです。
MACは、道楽か、業者のお金儲け?でi-OS開発をしたいお金持ちが買うものなので、
(理由はXCODEの本格的な使用料、App Storeへの登録料がけっこう高いから)。
我々の選択肢はWindowsの1点ということで。
(LinuxとWindowsは天と地ほどの使い勝手が違う。でもLinuxはタダだから使う人は使う。難しいけど)。

いちおうの相場は、2~6万。平均で3万円あたりを推移です。
このへんなら、バイト代で買えるでしょう。
あとはNin---do Swi--hやらPS----Aやらをあきらめれば、
・・・いつか中古市場で安売りされる日を待ちましょう。
ダウンロード販売は、シラネ。

回線の問題
Wi-Fiの電波を受信する装置が、BuffalloとかI-O DATAあたりで売っているから、
ここはパソコン屋さんの出番です。AMAZONや楽天の出番でもいいけど。
あとは「FREE Wi-Fi」を目指してWi-Fi泥棒してください。
スマホがあるなら、テザリングというオプションを付けてもらって、
スマホをWi-Fi発信機にして、Wi-Fiを受信するのです。
(「コイツ何逝ってるんだ?」という方は、ケータイ・スマホ業者に聞いてください)。
パソコンのバッテリーは満タンで30分ぐらい。青空Wi-Fiはお勧めしません。
インターネット回線がもともとあるなら、それにつなげば問題ありませんが。

実際は中古のパソコン、なんだかんだ言って、いろいろ強化しておかないと不具合の連発だから、
最終的には詳しい人を捕まえて、改造の手ほどきを受けたほうがいいでしょう。
Windowsには、CPU-Zという、パソコンのパーツや性能を調べるソフトがあるので、
CPU-Zを使ってパーツの規格を知る
これを参考にして、パーツを新しく仕入れたり、強化させたりしましょう。
ものによっては、パソコンの製品仕様書がネットで検索されたりするので、
もし見つけたら、今すぐゲットして、印刷して製本してしまいましょう。
これさえあれば、たいていの部分は修理できるようになります。

製品版のいいところは、修理用の部品がヤフオク!で、けっこう安値で売られていること。
PC○ポをはじめとしたパソコン専門店や修理業者に修理に出したら、
ぼったくられるようなものでも、安値で売ってくれます。

学校に1人や2人くらい、パソオタいるだろきっと。
スマホ組み立ては部品が細かすぎて、部品も手に入らないからありえないけど、
パソコンの場合はけっこうすごいのいますよ。初めて見る機種でもカンで直す強者とか。
私はまだそこまで極めていませんので。



広告(買ってね)
ピルカッター(錠剤を安全に切るための道具)