あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~Python編~
01 わけもわからずPythonやってみました
02 わけがわからなくてもPythonを使える道具を探してみる
03 Pythonの道具が使えない原因がわかったようわからないような
04 ちゃんとPythonが使える道具を見つけ出す

この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第03話 Pythonの道具が使えない原因がわかったようわからないような
2019年5月25日 製造
今回はいろいろインストールしてもモノにならなかったから、
最終的にIDLEとJupyterに頼ることになったお話
です。
Eclipse、Pycharm、Microsoft Visual Code、Microsoft VisualStudio Community、
とりあえず、いろいろな道具を使ってみては、まともに動かないを繰り返しつつ、
どの道具にも共通して必要なものが見つかりました。

これは、Anacondaです。

これに気づくまでに何年かかったことか。いや大げさじゃなくて。
もう、道具の説明として、最初に書いておけよと。
IDLEだけでは使い勝手が悪いので、いろいろ探していました。

Anacondaをインストールする、起動する
Anaconda
https://www.anaconda.com/
サイトの配置がころころ変わるらしいです。
右上の「DOWNLOAD」をクリック

それぞれのOSにあわせて、Python3.7を選びましょう。(どうしても2.7が欲しいならこっちも)

起動に時間かかるけど、とりあえずインストール。
Windowsの場合は流れに身を任せてインストールしていいです。

インストールにやたら時間かかる! VisualStudio Communityほどではないけど。
適当に茶をしばきながら、待ちましょう。
インストールが終わったら、さっそくAnacondaを起動させましょう。

起動に時間がかかる。コマンドプロンプトが勝手に起動しては消え、起動しては消えて、気持ち悪い。
いいかんじに「OK」して、

「Jupyter Notebook」をLaunchします。

Anacondaの準備は、ここまで。
それにしても、32bitパソコンがハブられる状況は、何とかして欲しい。
32bitWindowsそのものが、XPや2000のユーザーに対する仮の救済策なのはわかっているけど。

今度はAtomをインストールする
Atom
https://atom.io/
サイトは、とてもわかりやすいです。
いいかんじにダウンロードして、インストールします。
・・・やっぱり時間かかる。
動いたら、Install a Packageの中の、Open Installerを選び、

次のものを探してインストールしてください。
Japanese-menu
Hydrogen
Script

とりあえず、虎の巻を見ながら打ち込んでいます。
https://qiita.com/suecharo/items/dbc525dd5f39bdb8403c
ここに、入れるべきパッケージが一揃い書かれています(必ずしも従う必要はないけど)。
最低Japanese-menuは必要かもしれません。
Hydrogenは、AtomでJupyter Notebookを使うために必要なもの。
Scriptは、AtomでPythonを実行するときに必要なもの。
ときどき検索窓が行方不明になるので、そのときは「Install」をクリックしてください。


そのあとの設定
コア設定・・・好きにする。
エディタ設定・・・これも好きにする。
linterをInstallした場合は、pathをflake8に通さなければならない・・・よくわかんない。

そろそろプログラムを打ち込む
設定だけで、いっぱいいっぱいですが、ここからが本当の勝負です。
コードを打ち込みましょう。

ファイル→プロジェクトフォルダを追加

それ用のフォルダを作って、それを選びます。

右クリックして、新規ファイルを作ります。

ファイル名は、拡張子(.py)も含めて書く。

パッケージ→Script→Run Script

で、これで実行できるはずなのですが、変なモジバケエラーを吐き出してくれました。

おそらく日本語が含まれてはいけない問題だと思うので、
Cドライブ直下にフォルダをつくります。




右側のポップアップがうざいので、Uninstallしてしまったもの多数。
Uninstallは、右側のOpen InstallerからUninstallできます。
で、またRun Scriptすると、

またおかしなことになっている。
名前のあるフォルダにインストールした可能性があるので、もう1回入れ直します。

Atomをアンインストールできない問題
「アンインストールしても、あえて残す」という、トンでもない仕様のせいで、
どうやってアンインストールすればいいのか、Atomの人生をやり直せるかを、
考えるより先に検索しました。
普通にQiitaに載っていました。
https://qiita.com/masa_36/items/c800185174bd77526a7d
フォルダとレジストリを削除すればいいだけ・・・だったのですが、
これでも削除しきれません。設定そのものをぶち壊したいのですが。
一部の人はうまくいたようですが、私の場合は、どこをどうやってもアンインストールできませんでした。

このWindowsでは、二度とAtomを使えなくなったことがわかりました・・・くそふぁっく!

Atom死亡!


今度はPyScripterを入れてみる
PyScripter
https://sourceforge.net/projects/pyscripter/

いきなり死亡しました。もう死体の山です。

Eclipse Pleiadesにpydevをインストール
Anacondaは、そのまま放置しています。いざとなれば、Anacondaの財産を使うことができますが、
Eclipse Pleiades
http://mergedoc.osdn.jp/
とりあえず、Pythonが使えるバージョンをダウンロードしましょう。
Pythonの場合は、Ultimateか、PythonのFull Editionを選びます。
私はPhotonをダウンロードしてみました。古いものは、Python3の対応状況も微妙なので、新し目のものを。
ファイル名が長い名前問題があるので、Cドライブ直下で展開しましょう。

うん、新しいものはロゴを考える余裕がないようだ。

ワークスペースは、そのままでいいので起動しましょう。

更新については、全部やってしまいましょう。

場合によっては、Windowsファイアウォールの許可するか、問われるときがあるけど、
出るときと出ないときがあるので。もし出たら「許可」しましょう。

新規→新規ソフトウェアのインストール

ここで、作業対象にhttp://pydev.org/updatesをコピペしてください。

出てきたPyDev、PyDev Mylin統合(オプション)を、チェック入れて、「次へ」の連続、そして完了へ。
あとは再起動すれば、PyDevが使える予定。

Javaを実行しようとする問題を解決する方法
これは、Ultimateをダウンロードした人の問題。
ここを解決しないと、永遠にPythonを実行できないので、今すぐやりましょう。
ウィンドウ→設定

実行→デバッグ
ここで「選択したリソースまたはアクティブなエディターを起動する。起動可能でない場合」をチェックします。
そして「適用」します。

まあ、いろいろやって、ソース書き込んで実行してみようとしたら、何が足りないのかわからないけど、
エラーが吐き出されました。

何がいけないのか、よくわからないままです。

結局、初心者にはIDLEとJupyterの2つしかなさそう。。。
仕方ないので、IDLEと、Anacondaを入れたときに入れたJupyter Notebookを使います。
IDLE(Python3.7インストール)
https://www.python.org/downloads/
インストールで、難しいところはない予定。
インストールしたら、ここにあります。

それより、IDLEはクセがあるので、このへんで使い方を調べましょう。
明治大学 Pythonプログラミング
http://www.isc.meiji.ac.jp/~mizutani/python/intro1_python.html
日本語化については、最後までわかりませんでした。

Jupyterについても、機械学習に強いといわれて、
その気になって入れたのですが、使い方までまだわからないので。
Tech Academy データ分析で欠かせない!Jupyter Notebookの使い方【初心者向け】
https://techacademy.jp/magazine/17430
Jupyterは、ここにあります。

ネットならではの情報もあるけど、ネットの情報だけでは怪しさ満点なので、本を探してきます。
この間買った本、1冊なくしました。どこにいったのやら。
外出先で置き引きされたみたいです。



Python編
01 わけもわからずPythonやってみました
02 わけがわからなくてもPythonを使える道具を探してみる
03 Pythonの道具が使えない原因がわかったようわからないような
04 ちゃんとPythonが使える道具を見つけ出す


広告(買ってね)
FTMを目指す方へ、男性ホルモン。