あらやゆり商会

性同一性障害を性再適合手術で直そうとする管理人が運営する

パソコンよろずネタ情報サイト

リンク ガッデムな計略被害の詳細

コンテンツ
天才ゆりちゃん〇〇する
天才ゆりちゃん○○する

ほぼ体験談!
あらやゆりが、いろんなことにチャレンジします。

天才ゆりちゃんの無謀な挑戦
にわか知識で完成品を作る

製造中
強引に何かを作る課程の記録簿です。

ライフハック(?)
ライフハック(?)

使えるものから、
どこで使うか不明なものまで
幅広くパソコンを
しゃぶりつくすネタ記事。

Windowsで使う武器
武器庫

あらやゆりが、普段気に入っているWindowsで使う武器を紹介しています。

世界合唱撲滅教団復刻版
世界合唱撲滅教団復刻版
メモリアルサイト
2019年3月31日、矢部ソーダが作り上げた世界合唱撲滅教団公式サイトは消滅しました。そこで弟子のあらやゆりが、メモリアルサイトとして新しく世界合唱撲滅教団を復刻しました。記念館のようにお楽しみください。

電子メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、仕事の依頼、苦情、その他いろいろな意見・質問を募集しています。

偉大なる変態サイト製作者
世界が愛する変態あらやゆり
荒屋ゆり
源氏名あらやゆり、しこ名は聖拳アホー!、ペンネームは操舵室。
自称イラストレーター。
LGBTQのうちのどれか。
将来、性別適合手術を受けて女になる予定の人。
将来、技術を手に入れて、
人形や洋服やバカゲーやラブドールアンドロイドを作る予定の人。
お金をしこたま儲けて政治家になって、
独裁政治を行う予定の人。
コンピューターのことに詳しいことにされてしまった人なので、
本当に詳しくなる予定。
いろいろとチャレンジャー。ときどき自爆します。
座右の銘は「手段を選ばず」。


<リンク>
侍エンジニア塾
http://www.sejuku.net/
プログラムと、仕事の取り方を学ぶサイト。無料お試し講習があります。社長養成用っぽいので値段はかなり高めです。

manaby
https://manaby.co.jp/
障害者用にプログラムを教えるサイトだけど、一般人も利用可能。主にMicrosoft OfficeとWEB系プログラムとAdobe2大ソフトの使い方を教える。料金は月額5980円。

Paiza
https://paiza.jp/
ITエンジニア養成のための学習サイトを装った、ITエンジニア就職活動支援サイト。基本的に受講料は月額600円だけど、物によっては期間限定で無料で受けられる講座もあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
純粋にプログラムを勉強するサイト。半分ぐらいの講義が無料で見られる。有料でも月額980円と、まあまあお得。

Progate
https://prog-8.com/
オサレなかんじのプログラム学習サイト。全部無料。動画を見て勉強するのが苦手な人向き。

Schoo
https://schoo.jp/
一流の講師の授業の中に、たまにプログラムの講義がある。基本無料。無料のくせに全員一流講師。過去のアーカイブを見るにはプレミアムプランに登録して月額980円を払う。むしろ無理めのカリキュラムを組んで、アーカイブ見放題の月額980円に持っていく戦略をとっている。

スザンヌみさき公式ブログ
http://naowasada.xsrv.jp/
オオサカ堂さんにリンクを貼っている唯一の理由が「女になる」ため。俺は世界一の女になるっ!

オオサカ堂
https://osakadou.cool/
私がお世話になっている薬の輸入代行業者。薬によっては日本で認可されていないもの、副作用が強いもの、時として、業者そのものが騙されて薬効がないものを掴まされている場合あるので、買うときはすべて自分で判断して買いましょう。薬品名で検索すると吉。

ロングトールベース
http://www.magicbase.xyz/
男が女を目指すのにどうしても必要なものを紹介するサイト。胸や股間の手術だけじゃ、ただの整形したおっさんにしかなれないので、どうしても服や化粧とかには気を使わなければいけないのです。

MAISONDEAS
https://maisondeas.com/
様々な裁縫技術が記されたサイト。裁縫ができるようになれば、自分の服が作れるようになるのです。裁縫技術が身につけば、靴以外はなんとかなりそうです。

りんくのぼうけん(非売品)

~Python編~
01 わけもわからずPythonやってみました
02 わけがわからなくてもPythonを使える道具を探してみる
03 Pythonの道具が使えない原因がわかったようわからないような
04 ちゃんとPythonが使える道具を見つけ出す

この企画は、自称天才のあらやゆりちゃんが、
いろんなことにチャレンジする企画です。
ときどき更新します。
あとでまとめて、ダイジェストにしてアーカイブ化しておきます。

第04話 ちゃんとPythonが使える道具を見つけ出す
2020年8月16日 製造
2020年8月17日 改定
というわけで、まともに使えるIDE「Thonny」の紹介です。
Thonny
https://thonny.org/

IDLEより使いやすいです。

Thonnyにpipは最初から入っているものの
どうにもこうにも、「pip」というものをインストールしないと、いろんな拡張ができないようです。
いちおうpip(Pythonのダウンローダーのようなもの)を動かせるようになる方法は、
ツール→Open system shellを選んで、コマンドプロンプトのようなものを出したら、

この中でこう入力しましょう。
pip install request
あとは時間が解決してくれます。
インストールが無事終わったら、
pip list
これで、何がインストールされているのかが把握できます。
(ここでは「request」をインストールした)

それはそうと、このThonnyを見つけるきっかけになったものを1つ。
「Raspberry Pi(通称「ラズパイ」)」というミニコンピューターです。

これを使えば、いろんなことをラズパイにさせられる・・・らしいです。
そうなるには、Scratch、Python、C++、Javaのどれかをやることになるのですが、
いろんなことをさせるのに一番手っ取り早そうなのがPythonでした。
本当はC++が扱いやすいならそっちのほうがいいんだけど。
それにしてもPython言語はクセが強い。
何かするにしても調べるものが多すぎる。

ラズパイに関しては、コマンドの使い方も覚える必要があるので、
ラズパイ買う前に、本を1冊買っておいたほうがいいと思います。
私は3冊買いました。まだ全部は読んでいません。

備忘録として 関数への強引な参照渡し
Pythonの勉強をしてみると、
「Pythonの引数はすべて参照渡しである」とか、そんな謎なことが書いてあります。
こんなこと言われても、混乱の元にしかならない。
ここで、参照渡しとは何なのか、値渡しとの比較で解説すると、

値渡し:
 あくまでも値をコピーしたものを渡すので、変数とかに影響はない。
参照渡し:
 変数ごと渡すイメージ。変数そのものなので変えてしまうといくらでも変化する。

なんか上手な説明が出来ていない。
つまり何で困っているのかというと、
リスト(配列)、ディクショナリ(連想配列)の代入に関しては、余計な参照渡ししてくるくせに、
(値が連動して変わってしまう)
関数で参照渡しさせたくて、値を変えたい変数を送っても変数の値が変わらないことが、
(値を連動させて変更させることをコントロールできない?)
Python言語のおかしいところです。
このへんの変なところは、CやJavaやPHPをやってきた人にはすごく違和感に感じるところだと思います。
Pythonでやってみた例としては、
リストの代入が参照渡しになってしまう例。

ついでにリストの場合は関数をかませても、なぜか強制的に参照渡しされます。

変数(リスト、ディクショナリでないもの)の場合は強制的に「値渡し」です。
勝手に参照渡しの回避方法は、copy()とcopy.deepcopy(多重リストかディクショナリの名前)。
普通の配列は a=b.copy() みたいに書けばいいけど、
多重リストやディクショナリは、import copyをしてからdeepcopyします。
関数内で参照渡ししたくないときも、
関数内でcopyまたはdeepcopyを使えばいいのでした。

で、今度は逆パターン。変数を参照渡しする方法、これはありません。
ということは、関数内でも参照渡しする方法はないんだけど、
その代わり、コンマ区切りすれば、
たくさんの値を返すことができますので、それを代用することにしましょう。

たくさん値をreturnした場合は、リストの形で値が返ってきます。
それを代入する。それしかなさそうです。

もしかしたら、ほかの言語でも、たくさん返り血を返して代入する方法使えるっぽい?

ついでに、定数もPythonにはありません。
途中で変更してしまうとエラーになるという数値や文字列に使う、あれ。
もし必要ならば、タプルは変化させることができないので、これを使えばよろしいかと。
もはやタプルの使い方はこれしか思いつかなかった。

たぶんタプルを定数(変えたくないもの)として設定するとしたら、
おそらくこんな使い方になるっぽい。

訂正:タプル、いくらでも変数を代入できることがわかったので、
ただの「中身を変更できない配列」という概念すら、簡単にぶっ壊すことが出来るほどもろいものなので、
この方法、役に立ちません!



使うところだけ覚えればいいとはいうものの、なかなか自分のスタイルが決まらないと、
自分が使うところがなかなか把握できないものなのです。

あ、けっこう大事なこと。
リストもタプルもディクショナリも、どのタイプの変数を突っ込んでもいいのでした。
こんなかんじでもおk。




Python編
01 わけもわからずPythonやってみました
02 わけがわからなくてもPythonを使える道具を探してみる
03 Pythonの道具が使えない原因がわかったようわからないような
04 ちゃんとPythonが使える道具を見つけ出す


広告(買ってね)
毛生え薬には、男性用と女性用があります。
男女ともに、分泌されているホルモンの割合が違うので、違いをつけるようです。
ひだりが男性用、みぎが女性用。

この毛生え薬は、シャンプー、コンディショナー(リンス)もかねています。
ということは、もったいなくても必ずすすいで下さい。
トラベルセットもあります。旅先のお風呂屋さん、シャワー設備、洗面所などでお使いください。
問題は、トランスジェンダーはどちらを使うべきなのだろうか?